求人情報全国3万件以上!看護師の就職・転職活動をサポート看護師求人・転職をお考えなら看護師キャリアアップ 選りすぐりの好条件案件を多数紹介 業界大手の各サービスの特徴を解説 転職のためのお役立ちコンテンツを掲載

登録必須!人気の転職サイトTOP3

転職成功コラム

看護師の面接時によく聞かれる質問

面接は「一緒に仕事をしていくことができる人かどうか」を判断する場です。特に転職の場合は「看護技術の基本はできているか」「看護師としての責任感はあるか」「人間関係に問題はないか」など、看護師としての技術、能力・協調性・コミュニケーション能力、前職での人間関係はどうだったかなどが注目されます。
よく聞かれる質問に対しては、あらかじめ自分で回答を用意しておくとよいでしょう。

当院を志望した理由を聞かせてください

回答のポイント:何故その病院なのかがハッキリと自分の言葉で説明できるようにしましょう。応募した病院のどんな点が魅力的なのか、また自分がこの病院でどのようなことを勉強したいかなどを明確に。

当院で何をやりたいですか?

回答のポイント:「今までの◯◯の経験を生かして内科病棟を担当したいです。その理由は・・・」「以前から希望していたオペ室看護を担当したいです。その理由は・・・」と経験をもとにしながら、なぜそう思ったかという理由も詳しく話すと説得力があります。

前職ではどんな職務を担当されましたか?

回答のポイント:「どれだけの経験・知識を持っているか」「採用したら即戦力になりうるか」などを判断されます。今までの経歴に加えて「そこでどんなことを学んだか」「その経験をどう生かしていきたいか」「将来はどんなことを身に着けたいか」なども話せると印象がよくなりますし、「経験にこだわり、しがみつくのではなく、新しいことを取り入れる柔軟性」があることも伝えましょう。

前の職場を退職した理由はなんですか?

回答のポイント:採用側にとって最も関心の高い質問です。仕事のキツさ、対人関係のストレスなどを理由退職された場合はまた同じ理由で退職するのではないかと採用側は考えます。
たとえ人間関係が原因であったとしても、前職の病院や人間関係を非難するのではなく、それを前向きに捉えて次のステップへ成長しようとしている意欲を伝えましょう。前の職場を悪く言うのは絶対にタブーです。

あなたの看護観を教えてください

回答のポイント:専門的な言葉や難しい言葉で語る必要はありません。「いつも明るく笑顔で患者さんに接すること」「患者さんや家族の立場に立った看護をすること」「常に清潔に保つこと」など、自分がどんな看護をしていきたいか、何故そう思うのかを具体的に話しましょう。

仕事以外に打ち込んでいることはありますか?

回答のポイント:仕事のストレスをためないためには趣味やプライベートが充実している事も大切です。日頃楽しんでいる事があれば話しましょう。

自己紹介をお願いします。

回答のポイント:名前と職務経歴(職種・仕事内容を時系列に)をかいつまんで伝えましょう。経歴書に書かれている内容を確認する質問もあります。前職からの入職の月が離れていると、「この間はどうしていましたか?」等の質問をされる事もあります

長所・短所はなんですか?

回答のポイント:自分の短所をしっかり把握し、どう克服しようとしているのか、どう対処しようとしているのかを伝えましょう。「短所は△△なところですが、その分、○○です」のように、短所が自分の長所を引き立てるような形で応えると良いでしょう。

注射の経験がどの程度ありますか?

回答のポイント:その医療機関で看護師が必要なスキルを具体的に聞くことがあります。
個人病院の場合は血液検査の際の採血や点滴など血管に針を刺す業務は、ほとんどが看護師の仕事になります。前職の業務によっては注射経験が少ない看護師もいます。嘘をついても実務ですぐばれてしまいますから正直に答えましょう。

今までの仕事の中で、一番大きな失敗はなんですか?

回答のポイント:失敗をしてしまった時に、その人がどのように対応したか、失敗から何かを学んだかを知るための質問です。

採用になった場合にはいつから来ていただけますか?

回答のポイント:在職中の場合は退職の時期も考慮に入れて確実な時期を伝えましょう。

その他想定質問

Q.他の病院も検討していますか?
Q.駐車場がないのですが大丈夫ですか?
Q.介護士との連携をどう思いますか?
Q.携帯電話の使用についてどう思いますか?
Q.最近の医療関係のニュースで興味を持ったものがありますか?
Q.看護師の職場を良くする方法は?
Q.結婚や出産をした場合はどうしますか?

PAGE TOP