photo_nurse

比較的人数の少ない看護師たちが医師たちをサポートし大勢の患者さんたちの面倒を見るためには看護師たちを組織する人が必要になりますよね。
その組織をしているのが看護師長の役割なのです。
ですから、看護師たちは看護師長の役割について良く知り、その指示に従う必要があります。
この記事では、看護師長の役割をご紹介しましょう。
「看護師長とはどのような職業なのか」「看護師長の役割を担うためには何が必要なのか」という点もご紹介致しますので是非参考にしてみてください。

続きを読む


photo

看護師の働き方として常勤・非常勤・単発派遣などがありますが、雇用条件として夜勤専従というものもあります。

夜勤専従の看護師は夜勤ができない看護師に代わって夜勤のシフトだけ従事します。通常看護師の夜勤勤務の回数には規定があり、それらに基づいて勤務シフトが組まれているので、夜勤ができない看護師を常勤として雇用している場合には夜勤の人手が不足することになります。そこを補うため、夜勤勤務だけを専門にする夜勤専従看護師が採用されるのです。

以前は非常勤雇用となることが多かったのですが、患者さんの病態を継続的に把握する必要があるなど、最近では常勤で募集を行う病院も徐々に増えて来ています。

続きを読む


photo

訪問入浴看護師とは入浴が困難な在宅の要介護者の自宅を訪問し入浴サービスを行なう看護師のことをいいます。

最近、多い看護師求人のひとつに訪問入浴の仕事があります。比較的時給単価が高く、単発や月1回の勤務も可能という求人もあり、副業として従事する看護師も増えています。

続きを読む


photo

イベントナースとは、コンサートやライブフェス・スポーツの大会・花火大会・お祭り・展示会などのイベント時に会場に用意された救護所(医務室)に待機して、イベント来場者の不慮の体調不良やケガなどのケアを行う仕事です。イベントの数や規模など比較的都市部での需要が多い傾向にあります。

続きを読む


photo_nurse

リーダーシップという言葉は、会社や学校などの組織で頻繁に使われますが、
看護の世界でリーダーシップと言われた場合、どのようなことが求められるのでしょうか?
今回はそれをご紹介しましょう。他の職種のリーダとの共通点や相違点なんでしょう?
看護師はもちろんのこと、看護学生や看護師になりたい、と思っている方もぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


photo

ツアーナースはアテンドナース・添乗ナースとも呼ばれ、小中学校や高校などの修学旅行や林間学校等の野外教室・企業の研修旅行・旅行会社が企画する一般向けのパッケージツアーなどに付き添い、参加者の健康管理やケガや病気の際の対応・処置を行うことが主な仕事内容です。
最近では高齢者や障がい者など介護や介助を必要とする方々が旅行をする際に、ツアーナースが添乗するケースも増えており、参加者の健康状態や介護状態を観察し無理のない旅行行程を提案するなど行程管理を行う役割を担う事もあるのです。

続きを読む


photo

医療関係団体や研究者などによる看護職員の腰痛に関する実態調査では、各調査対象の6割~8割の看護師が腰痛に悩まされているという結果が出ており、腰痛が重症化すると仕事だけでなく日常の生活にも支障をきたす事になります。看護師にとって腰痛は非常に身近で重大な問題なのです。

続きを読む


photo_nurse

毎年5月12日は看護の日です。
看護の日というのは、あまり馴染みの無い記念日なのですが、医療や介護に関連する施設などでは様々なイベントが行なわれています。
医療、介護において重要な意味を持つ“看護の日”が制定された目的や歴史的な由来などについて紹介しましょう。

続きを読む


photo

看護師の資格取得の条件には年齢制限はありません。看護師養成機関で必要な看護教育を学び、看護師国家試験に合格すれば誰でも看護師になれるのです。もちろん専業主婦から看護師に転身することも十分に可能です。

続きを読む


photo_nurse

日本で看護師としてのキャリアを積む中で、海外で看護の仕事をしてみたいと思う人が増えています。

「医療技術が整っていない途上国の支援をしたい」「最新の医療を学びたい」理由は様々ですが、海外で看護師として働くためにはどのような方法があるのでしょうか。

続きを読む