フリーランス看護師(フリーランスナース)の働き方は?

看護師の職場というと病院をイメージする方は多いでしょう。しかし、看護師を必要としている職場はたくさんあります。そして、今は特定の組織に所属しない「フリーランス看護師(フリーランスナース)」という働き方が注目を集めているのです。

そこで今回は、フリーランス看護師という働き方についてご説明します。いったいどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

また、フリーランス看護師に向いている人のタイプもご紹介します。フリーランス看護師に興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. フリーランス看護師とは?
  2. フリーランス看護師が活躍している場所は?
  3. フリーランス看護師のメリット・デメリット
  4. フリーランス看護師になるには?

1.フリーランス看護師とは?

まず始めに、フリーランス看護師とはどのような働き方を指すのかをご紹介します。人によっては、特定の場所で勤務するよりも働きやすいのです。

1-1.フリーランスの働き方は?

ビジネス用語として使われる「フリーランス」とは、「特定の組織に所属しない働き方」を意味します。つまり、フリーランス看護師とは、病院など特定の組織に所属しない働き方を選んだ看護師のことをいいます。

1-2.看護師を求めている職場はたくさんある

看護師を必要としている職場はたくさんあります。代表的なのは病院でしょう。特に、入院患者がいる病院では、その看護のために常に一定数の看護師が必要です。しかし、逆に特定の期間だけ看護師が必要、というところも多いでしょう。

一例をあげると大規模なイベントです。人が多く集まる場所では、具合が悪くなる人が出る確率も高まります。そのような場所では、「医務室」が設けられて看護師や医師が待機していることも多いでしょう。

でも、このようなイベントは常時行われているわけではありません。ですから、「イベントのときだけ、アルバイトとしてきてくれる看護師」を求めているのです。これ以外にも、特定の時期だけ看護師を必要としている職場はたくさんあります。

1-3.フリーランスでも看護師は困らない

フリーランスのデメリットとして、「年を取るにつれて、働く場所が少なくなってくる」というものがあります。特に、無資格でもできる仕事は若い人の方が優遇される職場が多いです。
しかし、看護師は資格職。「年齢は問わず」という職場もたくさんあります。ですから、フリーランスとして働いても長年働き続けることができるでしょう。

2.フリーランス看護師が活躍している場所は?

では、フリーランス看護師が活躍しているのはどのような職場でしょうか? この項では、その一例をご紹介します。

2-1.各種イベント

前の項でご紹介した大きなイベントは、フリーランス看護を最も必要としている場所のひとつです。最近は、マラソン大会が各地で開催されていますが、このようなスポーツ大会には必ず救護室が設置されています。そこで1日待機して、けが人や病人の手当を行うのが、主な仕事内容です。イベントの内容によって仕事の忙しさが大きく左右されるでしょう。ほとんどが1日だけの仕事で、有名人のコンサートなどは競争率も高いそうです。

2-2.ツアーナース

修学旅行など、子どもが集団で旅行する際に付き添う仕事です。観光地に行くこともありますが、登山などに同行する場合もあります。体力に自信があり、ある程度家を留守にできる人向けの仕事です。

2-3.介護の仕事

訪問看護やデイサービスなどを行います。訪問看護師の数は増えていますが、まだまだ足りないのが現状です。「常勤の人が休んでしまったので、代わりに出てください」と急に呼び出されることもあるでしょう。仕事内容は、採血や服薬指導、入浴補助などさまざまです。

2-4.健康診断のサポート

学校や会社、自治体で行われる健康診断をサポートする仕事です。春や秋など特定の季節に仕事がたくさんあります。大勢を一度に診るので、かなり忙しいこともあるでしょう。

2-5.病院やクリニック

病院やクリニックには、常勤の看護師がいます。しかし、何らかの事情で短期間看護師の人数が足りなくなることもあるでしょう。そんなときに、助っ人として勤務してくれるフリーランス看護師が必要、というところが少なくありません。

3.フリーランス看護師のメリット・デメリット

フリーランス看護師にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか? この項では、その一部をご紹介します。

3-1.メリット

フリーランス看護師のメリットは、自分の働きたいときに働けます。たとえば、育児や介護でパートタイムでも常勤は無理、という人でも大丈夫でしょう。また、職場が常に変わり続けますから、わずらわしい人間関係もありません。さらに、「いろいろな職場で働いて、本当に自分に合った職場を見つけたい」という方にもお勧めです。看護師の時給は高いので、常勤で働く看護師と比べて極端に給料が低いということもありません。

3-2.デメリット

フリーランス看護師は、保険や年金をすべて自分で払わなくてはなりません。ですから、お給料をすべて生活費にあてるわけにはいかないのです。結婚していて配偶者の扶養に入っている人以外は、確定申告も行わなくてはいけません。

また、常に仕事があるとも限らないのです。場合によっては、「仕事をしたいけれど、仕事がない」というときもあるかもしれません。さらに、職場を転々と変わるのでキャリアアップも難しいでしょう。年を取るにつれて、役職手当などで同年代の常勤で働いている看護師と給与に差がつく場合もあります。高度な看護を学びたい方も、常勤の方がお勧めです。

4.フリーランス看護師になるには?

フリーランス看護師になるには、看護師専門の転職や求人サイトに登録するところから始めましょう。今は、スマートフォンから利用できるサイトも多いです。これに登録しておけば、条件に合った仕事をすぐに見つけることができます。転職や求人サイトは常勤の看護師を募集しているところというイメージを持っている方もいますが、1日だけの仕事も募集しているところが多いのです。ですから、2~3社登録しておくと求めている仕事も見つかりやすいでしょう。

おわりに

今回は、フリーランス看護師(フリーランスナース)についていろいろと、ご説明しました。
まとめると

  • フリーランス看護師とは、特定の組織に所属しない働き方をする看護師である。
  • 看護師を特定の時期にだけ必要としているところは多い。
  • 看護師は時間給が高いので、フリーランスに転職しても困らないケースが多い。
  • メリットとデメリットをよく理解して、フリーランス看護師になるかどうかを決めよう。

ということです。

フリーランス看護師は、看護師の資格があれば誰でもなれます。本人が望めば、看護師の国家資格を取得したばかりの人でもなれるでしょう。しかし、看護師の資格だけ持っていても、務まらない職場も多いです。ですから、ある程度病院勤務でキャリアを積んでから、フリーランスに転職する方が働きやすいでしょう。フリーランス歴が長いと、以前働いていた職場から「今年も頼めますか」と直接声をかけられることもあります。事情があって毎日同じ時間に働けない、という方にもフリーランス看護師はお勧めです。