介護と看護の違いについてきちんと把握しよう!

看護同じ福祉施設で働いていても「看護」と「介護」には大きな違いがあります。
将来、医療福祉関係に進みたい方でも一般人でもこの違いについては知っておいてほしいことです。
看護と介護の違いについて3つの点を挙げてみました。
どのような違いがあるのか、何が違うのかこの2つについて詳しくみていきたいと思います。

根本的な考え方

介護と看護の一つ目の違いは「根本的な考え方」です。
介護は主に日々の生活で人の助けを必要としている高齢者や障害を持っている方に対し介助を行うことが基本的な考えです。
つまり、安心して暮らせることができるように安らげる場所と気持ちを優先することになります。
老人施設は利用者にとっては家同然です。
快適に過ごすことができるように身の回りのお世話をするのが介護なのです。
一方、看護は病気や怪我を治すことが第一優先となります。
病気を改善するための治療が優先されることが大きいのです。
あくまで入院している患者さんのお世話をするのが看護の役割であり、病気・怪我を治すための手助けを行います。
このように、介護と看護は同じようなものであっても根本的な考え方が違うのです。

仕事内容

根本的な考え方に差異があれば、仕事内容ももちろん違います。
介護の基本的な仕事は入浴介助や移動の手助け、食事の提供、排泄介助など日常生活を中心に手助けをしていくことになります。
施設でのレクレーションや高齢者との会話・コミュニケーションも介護の大事な仕事です。
いかに利用者を楽しめることができるか、リフレッシュさせられるか介護士の力にかかっています。

看護の仕事内容は、医師の助手や注射・点滴、病棟の見回り、患者さんのバイタルチェックなど療養のお世話が中心となっています。
介護士にはない治療や診療に関する知識や技術が必要になります。
治療に関する仕事が主な内容となるでしょう。
仕事内容においても違いがある看護と介護。
いかに大きな違いがあるのか分かってきたと思います。

お互いの役割

介護現場において看護士は非常に重要な役割を担っています。
たとえ、介護施設ではもっとも身近な存在が介護士だとしても体調管理やバイタルチェックができるのは看護士です。
お互いの役割をどう区別するのかによって現場での立場は変わってくるのではないのでしょうか。
実際に介護施設では看護士と介護士の区別がつかなくなってきているところが増えてきています。
看護士の数が減ってきていることから看護士がするべき仕事を介護士が担当するなどあいまいになっているのです。
看護士は医療に関する知識をもっていますが、介護として働く人はもっていません。
そのようなことが増えればミスも必ず発生します。
介護施設を利用している高齢者が安全に暮らせるように、介護と看護の区別はきちんとしておかなければなりません。
あいまいにしてしまうと大変なことになってしまいます。

まとめ

最後にもう1度、看護は療養上のお世話をすることになり、介護は日常生活における介助が基本的な役目です。
それぞれにしかもっていない知識・情報があり、役割も違います。
きちんと2つの違いを把握することで看護にしかできない仕事、介護にしかできない仕事をこなしていくことができるでしょう。