病棟看護師の仕事内容を紹介。病棟勤務のメリットや向いている人は?

看護師の職場は多種多様ですが、その中でも、看護師の職場としてイメージされやすいのが入院患者のいる病棟です。病棟看護師は、勤務時間が長い反面、高給でいろいろな経験を積めます。「看護師としてキャリアや経験を積むために病棟看護師になりたい」という人もいるでしょう。
今回は、病棟看護師の仕事内容や勤務形態・給与などを解説します。

  1. 病棟看護師の基礎知識
  2. 病棟看護師の勤務形態
  3. 病棟看護師の時間別勤務内容
  4. 病棟看護師の求人について
  5. 病棟看護師に関するよくある質問

この記事を読めば、病棟看護師として働くメリットや、病棟勤務に向いているタイプもよく分かるでしょう。病棟勤務への転職を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.病棟看護師の基礎知識

はじめに、病棟看護師の仕事内容や勤務形態などを紹介します。

1-1.病棟看護師とはどのような仕事?

病棟勤務は、病棟で入院患者の看護を行います。クリニックや手術室などの勤務とは異なり、24時間交代勤務です。また、病棟は診療科ごとに特徴があり、病棟によって患者さんの年齢や性別・必要な看護が変わります。さらに、必要ならば患者さん本人だけでなく、家族のケアをしたり病気の説明や指導をしたりすることもあるでしょう。

1-2.病棟看護師の仕事内容

ここでは、病棟看護師の仕事内容には主に以下のようなものです。

1-2-1.患者さんへの医学的なケア

  • 採血
  • 点滴
  • 注射
  • ガーゼ交換
  • 検温
  • 投薬
  • 血液検査や尿検査
  • 心電図などのモニターチェック
  • 点滴の管理

1-2-2.患者さんへの日常的なケア

  • 食事の介助
  • 体を拭く(清拭:せいしき)
  • そのほか、患者さんに必要なお世話(入浴介助・歩行介助・トイレ介助など)

1-2-3.そのほかの仕事

  • 夜間の病棟見回り
  • カルテ入力
  • 家族や患者さんへの病気についての説明
  • 検査や手術の準備

これら以外にも、病棟によっては独自の仕事があります。

1-3.病棟看護師勤務の特徴

前述したように、病棟看護師の仕事はたくさんあります。そのため、病棟勤務が務まれば、どのような職場でも看護して働くことができるでしょう。特に、若い年代で病棟勤務を経験すれば、仕事の幅も広げやすくなります。さらに、24時間勤務なので、患者さんに接する時間も長く、よりきめ細やかな看護も可能です。そして、勤務時間も長くなる分、給与も多くなります。勤務する病院によっては、勤務経験が転職する際の武器にもなるでしょう。

1-4.病棟看護師に向いている人

病棟看護師に必要なのは、コミュニケーション能力と体力です。看護の知識や技術も必要ですが、患者さんとコミュニケーションを円滑に取ることができれば、その人にとって必要な看護も分かりやすいでしょう。また、病棟勤務は夜勤と日勤のくり返し、という職場も珍しくありません。そのため、体力がなければ仕事が大変です。つまり、看護師として向上心がありキャリアアップに前向きな人ほど病棟看護師に向いていると言えます。

1-5.病棟看護師にデメリットはあるの?

病棟看護師は、勤務が長時間かつ不規則になりがちです。子育てや介護中で、長時間働けない人や、体力がない人は大変に感じやすいでしょう。ですから、独身の頃に病棟勤務で経験を積み、子育て中は日勤だけのクリニックなどで働いて、時間に余裕ができたら病棟勤務に戻る、という看護師もいます。

2.病棟看護師の勤務形態

病棟看護師には、以下のような勤務形態があります。

  • 2交代制:日勤・夜勤に分かれ、1度の勤務は12~16時間、夜勤明けは必ず休日になる
  • 3交代制:日勤・準夜勤・夜勤の3交代制。体力的には楽だが、2交代制より勤務時間が不規則になりやすい

なお、働く時間が長い分、2交代制のほうが給与は多めです。

3.病棟看護師の時間別勤務内容

この項では、病棟看護師の時間別勤務内容を紹介します。

3-1.日勤の仕事内容

日勤の場合、看護師の仕事内容は以下のようなものです。

  • 病棟の見回りをしながら、検温・血圧測定・点滴の交換などをする
  • 食事の配膳・食事介助・片付け
  • 清拭・入浴介助・ガーゼの交換
  • 手術の準備
  • 投薬
  • カルテの記入
  • 医師の補助

病棟によって仕事内容は異なりますが、忙しいときは座る余裕もないこともあるでしょう。

3-2.夜勤の仕事

夜勤の仕事は、以下のようなものがあります。

  • 病棟の巡回
  • 食事の配膳や介助
  • 点滴や心電図・血圧などのチェック
  • 検温・ガーゼ交換など
  • 備品チェック
  • カルテの記入
  • 入院患者の介助

夜勤は、病棟によっては患者さんの介助がほとんど必要がないところもあります。その一方で、予断を許さない患者さんが入院している場合は、常に状態をチェックしておくことが大切です。眠気がある分、日勤より大変なこともあるでしょう。

3-3.仕事のスケジュールについて

仕事のスケジュールは病棟によって異なりますが、日勤中に医師の診察がある場合は、その前に検温や血圧測定などをおこなっておきます。また、人手が足りなくなりがちな夜勤は、仕事が少なくても忙しく感じることもあるでしょう。

4.病棟看護師の求人について

病棟看護師は、新卒者と転職者、どちらも募集しています。看護師専門の転職サイトなどでは、病棟看護師の求人は常に出ている状態です。勤務形態は日勤も夜勤もこなせる人が求められますが、日勤だけ、夜勤だけといった募集もあるので探してみてください。雇用形態は、ほぼ正社員で福利厚生も充実している職場が多いでしょう。日勤だけ、夜勤だけという場合はパート扱いになることもあります。転職先を探すならば、ハローワークなどより看護師専門の転職サイトを利用したほうが便利です。

5.病棟看護師に関するよくある質問

この項では、病棟看護師に関するよくある質問を紹介します。

Q.総合病院のような複数の診療科がある場合、看護師の病棟内での異動はあるでしょうか?
A.はい。病院によって異動はあります。特に、新卒の場合はいろいろな科をローテーションで勤務することもあるでしょう。

Q.中年以降、病棟勤務は体力的に厳しいですか?
A.そんなことはありません。家族の協力を得ることができ、仕事に慣れれば定年まで病棟勤務を務められる人もいます。

Q.仕事が特に大変な診療科はどこですか?
A.一概には言えません。たとえば、集中治療室勤務は、患者さんの容態が急変することも多いので緊張感が続きます。一方、高齢者が多く入院している科は、介助が多くなるでしょう。自分が「この科ならがんばれる」というところを見つけることが大切です。

Q.病棟看護師は、産休や育休を取ることができますか?
A.病院にもよりますが、看護師は女性が多く比較的産休・育休制度は充実しているところが多いでしょう。

Q.病棟看護師は、男性看護師でも求人はありますか?
A.もちろんです。女性よりも体力があるので、介助の仕事が多い病棟では、特に重宝されます。

まとめ

いかがでしたか? 今回は病棟看護師の仕事内容や求人などについて解説しました。病棟看護師は、仕事内容も多く慣れるまでは大変です。しかし、得るものも大きいでしょう。大学病院など知名度の高い病院に一定の勤務経験があれば、キャリアアップにも役立ちます。また、専門看護師を目指す人も病棟勤務はおすすめです。