看護師のワークライフバランスを考えよう! 自分らしく働くためには?

看護師はとてもハードな仕事です。与えられた職務をきちんとこなしながら、プライベートもしっかり楽しみたいのなら、ワークライフバランスをしっかり考えましょう。さて、ワークライフバランスといっても、どんなものなのか・何から取り組むべきなのかなど、分かりにくいですよね。そこで、今回は、看護師のワークライフバランスについて詳しく解説します。

  1. 看護師のワークライフバランスとは?
  2. 看護師のワークライフバランスの現状について
  3. 看護師のワークライフバランスの取り組みについて
  4. 看護師のワークライフバランスに関するよくある質問

この記事を読むことで、看護師のワークライフバランスについて詳しく分かります。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.看護師のワークライフバランスとは?

最初に、看護師のワークライフバランスについて詳しく解説します。

1-1.ワークライフバランスとは?

ワークライフバランスとは、仕事とプライベートのバランスのことです。仕事とプライベートの比率を調整し、自分らしく生きることが目的としています。生活を営むには、仕事をして稼ぐことも重要でしょう。しかし、仕事ばかりに比重を置きすぎた結果、過労による心身の不調を訴える例も少なくありません。ワークライフバランスを整えると、仕事とプライベートの比率が適正になり、自分らしい人生を楽しむことができます。同時に、仕事での成果も期待できるというメリットもあるのです。なお、ワークライフバランス推進のために、内閣府では「ワーク・ライフ・バランス憲章」を作成しています。

1-2.看護師のワークライフバランスとは?

看護師の離職率が高い原因は、仕事と育児などの両立が難しい環境にあります。そのため、人手不足を解消するためにも、働き方の多様化の制度づくりを推し進める必要があるのです。仕事とプライベートのバランスを考え、自分で働き方を選びやすくなれば離職率も下がることでしょう。看護師のワークライフバランスを整えることは、医療の質を向上させ、安心して治療を受けられることにもつながります。

2.看護師のワークライフバランスの現状について

看護師のワークライフバランスの問題や現状について解説します。

2-1.看護師のワークライフバランスの問題は?

超高齢化社会が進み、平均寿命が延びる中で、看護師の需要はますます高まるばかりです。しかし、夜勤などの勤務形態で出産などを機会に離職する人が多く、常に人手不足の問題を抱えています。看護師の人手不足を改善するためには、ワークライフバランスの改善が急務です。

2-2.看護師のワークライフバランスの現状

看護師は、人手不足で過重労働をしいられることが多く、医療の質が下がってしまうという現状があります。また、失敗が許されないため、常に緊張が続くものです。医療ミスの発生を防ぐためにも、きちんとした休養を確保する必要があります。また、女性が多い職場で、人間関係のトラブルや結婚・出産問題など、理想のワークライフバランスを実現するにはまだまだ程遠い環境であるのが現状です。

3.看護師のワークライフバランスの取り組み

看護師のワークライフバランスの取り組みについて詳しく解説します。

3-1.どんな取り組みをしている?

看護師のワークライフバランスを整えるために、医療機関などでは以下のような取り組みをすすめています。

  • ストレスなく働ける職場を目指す(職場の雰囲気・人間関係の改善などを含む)
  • 多様な働き方(正職員・パート職員・臨時職員)の推進
  • 個人の能力を重視した評価の推進
  • 結婚・出産・介護などで退職した場合の再雇用制度の設置
  • 労働時間・労働環境を含む待遇改善

特に、看護師では超過労働問題が深刻です。適正な労働時間内での勤務を実現するためには、医療機関だけでなく国や自治体も協力してサポートする必要があります。

3-2.看護師のワークライフバランスの課題と今後

看護師は、医療の専門職であるため、本人が希望する限り長く働き続けやすい職種です。しかし、実際には多くの看護師が入職後数年で退職しているという現実があります。看護師は、依然として女性が多く、出産・結婚を機会にいったん退職する人が多いからです。産前産後休暇や育児休暇の制度があっても、幼い子どもを抱えた状態では、復職しづらいと考えるケースが多く、復帰する例は多くありません。そのため、看護師としての中堅が育ちにくくなり、技術や経験のノウハウの継承がしづらく、医療の質が下がってしまうのも問題です。看護師のワークライフバランスを改善するためには、看護師が安心して働き続けることができる環境と待遇を整え、過重労働をなくす必要があります。

4.看護師のワークライフバランスに関するよくある質問

最後に、看護師のワークライフバランスに関するよくある質問に回答します。それぞれ確認し、役立ててください。

Q.理想のワークライフバランスとギャップがある場合の改善方法は?
A.まずは、現状で何が不満なのかすべて書き出してみましょう。中でも、最も不満に思っていることを改善する必要があります。自分の努力で改善できるものは、どんどん進めていきましょう。自分だけでは手に負えない場合は、転職も視野に入れて考えてください。

Q.看護師の転職はどこに相談すればいい?
A.内容によって、以下を使い分けるといいでしょう。

  • 転職に関する不安を聞いてほしい:家族・友人・恋人など身近で信頼できる人
  • 現在の職場環境の不満を訴えたい:職場の上司もしくは公的な相談サービス窓口
  • 実際の転職に関する相談:看護師の転職に特化した人材紹介会社

なお、当看護師キャリアアップも豊富な案件を用意し、希望条件に合った職場をご紹介しています。看護師転職についての不安や疑問など、何でもご相談ください。

Q.人手不足の職場を退職するのに気が引けるのですが?
A.確かに、現場の大変さを考えれば自分が抜けていいものかと悩んでしまうことでしょう。しかし、無理をして働き続けることで心身を壊してしまう可能性があります。まずは、上司に退職の意思を伝えてみてください。引き止めがあっても、自分自身を優先して前に進みましょう。

Q.数年のブランクがあっても看護師として復職できますか?
A.復職可能です。ただし、最初からフルタイム勤務ではついていくのが大変に感じることでしょう。まずは、進化した技術や知識の習得・周囲との調和に努めることが大切です。現場の感覚を取り戻すまで、焦らないようにしましょう。

Q.子どもが小さいので夜勤のない職場で働きたい場合は?
A.たとえば、小規模のクリニック(入院設備なし)などを選ぶことで夜勤対応なしの勤務が可能です。また、パート勤務に限り日勤だけの選択ができるところもあります。まずは、求職する際に勤務条件について確認してみてください。

まとめ

今回は、看護師のワークライフバランスについて詳しく解説しました。看護師の仕事とプライベートを両立させるためには、ワークライフバランスを考えて働きましょう。看護師は、医療に関わる専門職であり責任を持って働き、高い誇りとやりがいがあるものです。長く働き続けるためには、プライベートとの両立をよく考え、自分にとってベストなバランスを考えてみてください。理想のワークライフバランスを実現するためには、待遇が整っていたり自分をより評価してくれたりする職場への転職もひとつの方法です。現在の職場に不満があるのなら、思いきって転職してみるのもいいでしょう。