フィードバックって何? 看護におけるフィードバックの重要性とは?

普段私たちが何気なく使っている「フィードバック」という言葉は、とても深い意味があります。仕事において重要な役割を持ち、特に看護師や医師などの医療従事者にとってはしっかり把握しておきたい言葉です。そこで、今回は、看護の分野におけるフィードバックがどのようなものなのかをご紹介していきます。

  1. フィードバックについて
  2. フィードバックと看護について
  3. フィードバックの方法とは?
  4. 看護とフィードバックに関するQ&A

この記事を読むことでフィードバックに関する基本的な情報を知ることができます。なぜ、フィードバックが重要なのか、しっかりと学んでいきましょう。

1.フィードバックについて

1-1.フィードバックとは?

1-1-1.本来の意味

フィードバックという言葉はもともと制御工学の分野で使われていたもので、「出力したものを入力側に戻し、出力の増大・減少(制御)を行うこと」という意味合いの言葉でした。これが転じて「物事の結果や反応を見て改良・調整を行うこと」という意味で使われるようになりました。

1-1-2.ポジティブとネガティブ

フィードバックの行い方にはポジティブとネガティブがあります。ポジティブフィードバックは、成長した点や望ましい行動など、ポジティブな部分を評価する仕組みです。ネガティブフィードバックは、その反対に失敗の原因や不足している部分など、ネガティブな点を改善する仕組みとなります。

1-2.フィードバックの目的とメリット

ネガティブフィードバックを行うことで同じ失敗を繰り返さないようにすることができます。また、ポジティブフィードバックを行うことで評価対象者のモチベーションを高め、チーム力の向上による業務効率などを高めることができるでしょう。さらに、人材の育成速度を上げる効果も期待できます。組織の運営において、フィードバックはとても大切な作業です。