足浴看護は観察がポイント! 看護計画に沿った足浴の手順と注意点

足湯は全身浴ができない人でも手軽に温浴効果やリラックス効果が得られることから、看護の現場でよく取り入れられてきました。看護として実施する場合には正しい知識のもとに看護計画を立て、安全に実施することが大切です。この記事では看護現場での足浴について知っておきたいことをお伝えします。

  1. 足浴看護について
  2. 足浴看護の方法
  3. よくある質問

この記事を読むことで看護の足浴の目的や方法を知ることができます。患者に合わせた看護計画にお役立てください。

1.足浴看護について

看護の現場における足浴について説明します。

1-1.足浴とは

足浴とは、足だけを湯温につけて温め、清潔を保つ方法です。これまでも、看護や介護の現場では、全身浴ができない人に対して多用されてきました。また、足だけを湯につける方法は、温泉地や一般家庭でも足湯として親しまれています。足浴と足湯の違いは、足湯は足を温めるのを主な目的としているのに対し、足浴は足部の保温に加えて清潔ケアとして行われる点でしょう。

1-2.足浴看護とは

足浴は、入浴やシャワー浴が難しい患者に対して行われる方法です。全身浴と比べて体力の消耗が少なく、体への負担が少ないため、高齢者の看護にもよく取り入れられます。血圧の上昇も少ないため、心疾患など身体機能が低下している患者にも用いられるのです。
足浴の目的は一つではなく、患者の足部の保温・清潔保持・血流を促し筋肉の疲労を軽減することが挙げられます。また、看護師側にとっては、皮膚の状態などを観察し、アセスメントにつなげることや、患者とのコミュニケーションを図ることも大切な目的です。

1-3.効果について

足湯の効果は清潔ケアだけではありません。血流改善や心身のリラックス効果、入眠効果もあることが報告されています。それぞれについて説明しましょう。

  • 血流改善効果:血圧が上がることなく血流が増加する。血行が良くなることで全身が温まる。血流が増えると褥瘡(じょくそう)や拘縮(こうしゅく)の予防効果にもつながる
  • 心身のリラックス効果:足浴後にはリラックスした状態のときに働く副交感神経が活性化され交感神経が抑制される。足の汚れを落とすことで爽快感も得られ、心身ともにリラックスできる
  • 入眠効果:足部を温めることで寝つきがよくなり、睡眠の質を高めることができる。交感神経の活動が抑えられることから、入眠を促す効果が報告されている

参考文献

足浴が生体に及ぼす生理学効果

足浴のリラクセーション効果に関する検討

不眠を訴える入院患者への足浴の効果

1-4.最近の傾向、研究など

近年は高齢化により、足浴の需要はますます高まってきました。また、足湯の効果については、さまざまな角度から研究が進められています。たとえば最近では、リラックス効果が注目され、アロマテラピーと足浴を組み合わせた方法などが研究されているのです。今後も一層研究が進み、より良いケアに役立てることができるでしょう。