看護師に多い悩みはいじめ? 転職は看護師特化型サイトを利用しよう

看護師の職場には女性が多く、人間関係での悩みがつきまといます。よく耳にするのは、いじめです。いじめが原因で離職してしまうケースもあり、転職する際にも職場環境が気になりますよね。
看護師として仕事をしていく中で、いじめという理不尽な行為に遭遇するのはやるせない思いでいっぱいになってしまうでしょう。
看護師は一生の資格といわれているため、長く勤められる職場を見つけたいと思うはずです。いじめは対策や職場選びのポイントなどを知っておけば、回避できることもあります。
今回は、看護師の職場で起こりやすいいじめについてです。

  1. 看護師のいじめとは?
  2. 看護師のいじめにかんする対策方法
  3. 看護師の転職方法
  4. 看護師のいじめや転職でよくある質問
  5. まとめ

この記事を読むことで、看護師の職場でなぜいじめが起こるのか、仕事を続けていくためにできることなどが理解できるでしょう。悩んでいる方は、ぜひご一読ください。

1.看護師のいじめとは?

女性が多い環境では、行き違いや摩擦が起こりやすいものです。看護師のいじめについて考えていきます。

1-1.看護師のいじめはあるのか?

看護師の働く場所では、いじめは少なからずあります。仕事環境や人間関係など、さまざまな要素が集まって起こるものです。

1-1-1.仕事内容

看護師は2〜3交替勤務となっており、十分な休息が得られない場合があります。そのため、疲労感を抱きやすく、周囲とうまくコミュニケーションが取れないなどの問題が起こり、いじめやパワハラなどの問題を抱えるのです。ベテラン看護師や長く勤務している看護師から指導を受ける際に、上から目線でものをいわれて威圧的に感じ、いじめと受け取ってしまうこともあります。

1-1-2.人間関係

看護師はそれぞれ大きな仕事を抱え、自分のことだけで精いっぱいという人が多いものです。加えて、新人の教育に携わらなくてはいけないなど、心のゆとりがないこともいじめのきっかけになっています。人間関係が悪いとストレスに感じやすく、心身共に参ってしまう方も少なくありません。

1-2.なぜいじめが起こるのか?

人は疲労が溜(た)まるとゆとりがなくなり、優しさを持って接することができなくなります。時間外労働など過酷な勤務状況もいじめを生む原因です。失敗を責任転嫁し、誰かを責めることで自制心を維持するなど、自然とバランスを取るように動きます。そのため、人間関係がぎくしゃくし、陰湿ないじめとなって職場の環境が悪くなるのです。

1-3.離職率について

原因が必ずしもいじめとは限りませんが、新人看護師の離職率は7〜8%というデータが日本看護師協会の発表であります。肉体労働の過酷さに加え、人間関係の摩擦やイメージとの違いがあり、転職を希望する人もいるのです。

2.看護師のいじめにかんする対策方法

職場でいじめに遭っても、対応策を知っておくことで、仕事を継続することも可能です。しかし、退職を余儀なくされる場合もあるため、職場を決める際の相談先などは知っておくべきでしょう。

2-1.仕事を続ける場合

2-1-1.職場状況の改善

いじめやパワハラはそのまま見過ごしては、加速する一方です。チーム全体で話し合いの場を持つなど、労働時間や休日などについて見直す機会を持ちましょう。ゆとりができたら、人と接する際の摩擦も少なくなるはずです。思っていることや感じている不満などは、積極的に話すようにしてください。いじめは一人で抱え込まず、職場全体の問題として解決していくことが大切です。

2-1-2.異動

今の職場環境に馴染(なじ)めないと判断した場合は、異動を申し出る方法もおすすめです。話し合いで解決せず、表面だけで取り繕われてしまっては、今後もいじめに悩むこととなります。とはいえ、異動がかなわない職場もあるものです。転職など、思いきって職場を変えることで、新たな人間関係を築くことができます。

2-1-3.悩み相談などの対策

指導してくれる先輩看護師とは摩擦が起こりやすいものです。同期の看護師や親身になってくれる医師など、相談できる相手を作るのもいじめを改善する策となります。いじめで悩み、ネガティブな感情を持つようになったら、カウンセリングなどを受けてみるのもいいでしょう。

2-2.仕事を辞める場合

2-2-1.次の職業

いじめがきっかけで、看護師そのものを辞めてしまいたいという方も中にはいます。どこの職場でもいじめは起こり得る問題です。転職にあたり、職場環境や人間関係、業務内容や休日などは事前にリサーチしておきましょう。可能なら、看護師のスキルが生かせる場を選んで就職した方が、経験者として待遇も考慮されます。

2-2-2.職場を決める

看護師の需要は多くなっています。病院に限らず、老人施設や介護施設などでも、多く活躍しているのです。職場を決めるにあたり、自分の生活スタイルに合った職場を選ぶことで、楽しく勤務することができるでしょう。

2-2-3.仕事を辞めるときの相談先

退職して次の仕事を探すときは、看護師に特化したサイトを活用し、新たな職場を探しましょう。看護師転職の専門サイトでは、数多くの案件を保有しており、条件や希望に添う職場を探してもらえます。相談窓口として覚えておいてください。

2-3.勤務先を変えるメリット

新しい環境に身を置くことで、心神共に気持ちが引き締まります。今までのいじめやしがらみから解放され、自分の持つ実力や経験を存分に生かすことができるでしょう。納得できる勤務時間や報酬なども、選ぶことができます。

2-4.悩みの少ない職場とは?

チーム医療を軸にしている職場では、それぞれがきちんとチェックや管理を行い、責任を持って仕事をしています。自分に仕事にやりがいを見出(いだ)し、達成感を抱いている人が多い職場では、いじめなどの悩みも少ないでしょう。

3.看護師の転職方法

看護師の転職を成功につなげるにはどうすべきか、サイトの活用方法などをご紹介します。

3-1.転職するにはどうするか?

看護師は引く手あまたで、転職に困ることがありません。まず、自分の希望する条件を絞りましょう。勤務内容・勤務体系・勤務地・雇用形態などを明らかにするのです。ハローワークでも看護師の求人募集をしています。しかし、条件に見合う職場を見つけるのは大変です。看護師に特化した求人サイトを活用し、転職先を見つける方法が正解でしょう。

3-2.転職成功のポイント

看護師転職サイトは、看護師の人材紹介を専門としているため、ほかの方法より確実にいい案件を見つけることができるでしょう。転職祝い金制度も導入していますから、転職時の助けとなります。

3-3.相談窓口

看護師の転職相談は、看護師転職サイトへ相談するのがベストです。看護師は特殊な職業ですから、過去の実績や事例を交え、最適な案件を提供できるでしょう。面談までサポートしてもらえます。

3-4.転職方法の流れ

看護師転職サイト利用の流れは以下のとおりです。

  1. 看護師キャリアアップへの登録(数分で終わります)
  2. 担当者から電話やメールで連絡
  3. カウンセリングで希望条件などの確認
  4. 求人案件の紹介
  5. 希望する職場への応募
  6. 書類選考
  7. 面談(担当者が日程調整を行います)
  8. 内定
  9. 勤務開始

3-5. 転職する際の注意点

希望に合う転職先を見つけるためには、条件を絞ることが大切とお伝えしました。すべてを満たすことはなかなか難しいため、優先順位を設けることがベストです。給与がよくても、勤務体系が合っていなかったという失敗をなくすことができます。働きやすい環境を見つけるために、何を一番優先したいのかを明確にして探すようにしましょう。

4.看護師のいじめや転職でよくある質問

看護師という一生の仕事に就いたのに、いじめで転職せざるを得ないのは悲しいことです。いじめや転職でよくある質問をご紹介します。

4-1.妊娠をきっかけにいじめのターゲットになることがあるのか?

妊娠中はつわりなどがあり、立ちっぱなしの仕事が難しくなるケースも珍しくありません。少し休憩しようとしたとき、しかられるようないじめもあります。

4-2.みんなの前で説教されるのもいじめの1つ?

いじめは隠れてするのもだけではありません。医師やほかの看護師がいる前で、大きな声で怒られるなど、恥ずかしい思いをするものもあります。新人だと気持ちが萎縮してしまい、業務に支障が出ることも珍しくありません。

4-3.転職する前は現地調査をするべきか?

求人の紹介を受けたら、自分の目で現地調査を行うべきです。看護師の働きぶりや人間関係などを垣間(かいま)見ることができます。病院や施設の雰囲気を感じ取ることができるため、自分の肌に合うかをチェックしましょう。

4-4.優良な転職サイトの見つけ方は?

数多くの案件を持っていることも大切ですが、希望しない条件のものを強引に紹介し、しつこく勧誘するサイトは避けるべきです。担当者の丁寧さや親身になってくれる姿勢にも着目しましょう。

4-5.転職サイトなら非公開条件も保有している?

看護師は慢性的な人手不足で、ハローワークなどで公開されている案件以外にも非公開案件があります。看護師に特化した転職サイトなら非公開案件も保有しており、より早くいい条件の職場を探すことができるでしょう。

5.まとめ

いかがでしたか? 看護師は女性が多い職場で、人間関係の摩擦や業務の忙しさから、いじめが起こりやすいものです。新人や妊婦がターゲットになることも少なくありません。パワハラもいじめの1つで、責任転嫁されることや、理不尽な理由でしかられるなど、居心地の悪さを感じて離職する看護師もいます。転職を考えるなら、看護師に特化したサイトの活用がおすすめです。自分の希望条件に優先順位をつけて探すようにしましょう。