看護師に多い悩みはいじめ? 転職は看護師特化型サイトを利用しよう

看護師の職場には女性が多く、人間関係での悩みがつきまといます。よく耳にするのは、いじめです。いじめが原因で離職してしまうケースもあり、転職する際にも職場環境が気になりますよね。
看護師として仕事をしていく中で、いじめという理不尽な行為に遭遇するのはやるせない思いでいっぱいになってしまうでしょう。
看護師は一生の資格といわれているため、長く勤められる職場を見つけたいと思うはずです。いじめは対策や職場選びのポイントなどを知っておけば、回避できることもあります。
今回は、看護師の職場で起こりやすいいじめについてです。

  1. 看護師のいじめとは?
  2. 看護師のいじめにかんする対策方法
  3. 看護師の転職方法
  4. 看護師のいじめや転職でよくある質問
  5. まとめ

この記事を読むことで、看護師の職場でなぜいじめが起こるのか、仕事を続けていくためにできることなどが理解できるでしょう。悩んでいる方は、ぜひご一読ください。

1.看護師のいじめとは?

女性が多い環境では、行き違いや摩擦が起こりやすいものです。看護師のいじめについて考えていきます。

1-1.看護師のいじめはあるのか?

看護師の働く場所では、いじめは少なからずあります。仕事環境や人間関係など、さまざまな要素が集まって起こるものです。

1-1-1.仕事内容

看護師は2〜3交替勤務となっており、十分な休息が得られない場合があります。そのため、疲労感を抱きやすく、周囲とうまくコミュニケーションが取れないなどの問題が起こり、いじめやパワハラなどの問題を抱えるのです。ベテラン看護師や長く勤務している看護師から指導を受ける際に、上から目線でものをいわれて威圧的に感じ、いじめと受け取ってしまうこともあります。

1-1-2.人間関係

看護師はそれぞれ大きな仕事を抱え、自分のことだけで精いっぱいという人が多いものです。加えて、新人の教育に携わらなくてはいけないなど、心のゆとりがないこともいじめのきっかけになっています。人間関係が悪いとストレスに感じやすく、心身共に参ってしまう方も少なくありません。

1-2.なぜいじめが起こるのか?

人は疲労が溜(た)まるとゆとりがなくなり、優しさを持って接することができなくなります。時間外労働など過酷な勤務状況もいじめを生む原因です。失敗を責任転嫁し、誰かを責めることで自制心を維持するなど、自然とバランスを取るように動きます。そのため、人間関係がぎくしゃくし、陰湿ないじめとなって職場の環境が悪くなるのです。

1-3.離職率について

原因が必ずしもいじめとは限りませんが、新人看護師の離職率は7〜8%というデータが日本看護師協会の発表であります。肉体労働の過酷さに加え、人間関係の摩擦やイメージとの違いがあり、転職を希望する人もいるのです。