【注目】看護師の転職の悩みをズバリ解決!転職したい人は必読です!

超高齢化社会を迎え、看護師の需要はますます高まるばかりです。しかし、「人手不足で休みが取れない」「職場の人間関係が複雑で気疲れする」など、看護師の中には、ストレスを抱えながら働いている人が多く存在します。看護師は、転職に有利な職業です。現在の職場に不満があるならば、転職を考えてみてください。今回は、看護師の転職の悩みについて詳しく解説します。

  1. 看護師の転職について
  2. 看護師の転職前の悩み
  3. 看護師の転職後の悩み
  4. 看護師の転職に関する悩みを解決しよう
  5. 看護師の転職の悩みに関するよくある質問

この記事を読むことで、看護師の転職の悩みを解消するために必要な知識が身に付き、希望どおりの転職の実現に役立ちます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.看護師の転職について

最初に、看護師の転職についての基本を解説します。

1-1.看護師で転職する人は多い?

看護師は、ひとつの職場で長く働き続ける人よりも、キャリアアップを目指す・家庭との両立を希望する、などの理由で転職する人が多いものです。看護師は国家資格ですから、看護のプロとしてどこでもやっていけることも理由でしょう。自分の希望に合わせてどんどん職場を変えることも珍しくないのです。

1-2.看護師は転職しやすい?

現在は、超高齢化社会であり、高齢者を中心に看護師需要は高まるばかりです。そのため、職場や求人は数多く存在し、条件を選ばなければ転職に困ることはありません。しかし、条件のいい職場は応募者が殺到するため、競争率が激しいものです。条件に妥協できれば転職しやすく、こだわるほどに難しくなっているのが現状といえます。

1-3.看護師の転職に関するそのほかの特徴

看護師の転職で最近目立つのが、キャリアアップを目指すための転職が増えているという点です。看護師でも、専門教育を受けて「認定看護師」などを目指すことができます。特定分野(緩和ケアなど)の看護でスペシャリストとの認定を受けることができれば、看護師としての将来が明るいものになるからです。就業条件などの改善を求める転職だけでなく、自分の可能性を求めて道を切り開くパターンの転職が増えています。