看護師に残業が多い理由を徹底検証! 残業の少ない職場で働くには?

「看護師には残業が多い」というイメージが強いと思います。特に新人の看護師は仕事の要領がつかめず、残業が多くなりがちです。しかし、新人だけでなくベテラン看護師の中にも、残業について頭を抱えている人がたくさんいます。看護師は体力的にも精神的にも大変な仕事であり、その中でもできるだけよい環境で働きたいと思うのは当然のことでしょう。今、看護師として働きたいと思っている人、転職を考えている人も、働き方を考えて職場を探す必要があります。この記事では、看護師の残業がなぜ多いのか、その問題点や、残業の少ない職場探しのポイントなどをまとめてご紹介しましょう。

  1. 看護師の残業について
  2. 看護師の残業にかんする問題点
  3. 残業の少ない看護師の職場とは?
  4. 看護師の残業にかんするよくある質問

この記事を読むことで、看護師の残業にかんする悩みが解決するはずです。ぜひ参考にして、条件のよい環境で働ける方法を考えてみてください。

1.看護師の残業について

看護師の残業の実態や、残業が多い理由などをまとめました。

1-1.看護師の勤務について

看護師の勤務形態は職場によって異なります。基本的に、入院施設がある病院で働く看護師の場合は夜勤があるため、2交代制か3交代制の病院がほとんどです。

  • 2交代制:朝~夕方までの日勤と、夕方~翌朝までの夜勤
  • 3交代制:朝~夕方までの日勤、夕方~夜中までの準夜勤、夜中~朝までの深夜勤

一見すると2交代制のほうが長い勤務時間なので過酷なように感じます。しかし、実際には3交代制のほうが複雑な勤務形態になりがちで、準夜勤を終えた翌日に日勤、というような厳しいシフトが組まれることもあるのです。

1-2.残業が多い理由とは?

通常の勤務時間内で仕事が終わらない場合などは、残業をすることになります。看護師の残業理由として多いものは、以下のとおりです。

  • 患者の急変、退勤間近の救急搬送
  • 人員不足
  • 終了間際の受診
  • 時間外に行われる勉強会
  • 看護記録などの事務処理

1-3.残業時間の平均

では、実際に看護師はどのくらいの時間、残業をしているのでしょうか。調査の結果によると、日勤時で2~3時間、夜勤時で1~2位時間の残業時間が平均となっています。日勤は患者の急変や人員不足により、特に定時で上がれないケースが多いのです。

1-4.残業の多い職場、科目とは?

働く科目によって残業が多いところ、少ないところがあります。特に、緊急入院や患者の急変など突発的な対応を求められる科は、残業が多いのが特徴です。ICUや救急外来・脳神経外科・循環器内科・急性期病棟などが該当します。また、重症患者が搬送されることが多い大学病院は、総合病院やクリニックに比べて、やはり残業が多い傾向にあるでしょう。

2.看護師の残業にかんする問題点

看護師の残業にかんする現状や問題点をご紹介します。

2-1.現状

看護師として働く上で、残業にかんする現状を把握しておくことは大切です。現在、看護師の残業はほかの職種に比べて非常に多くなっています。突発的な対応を求められる職場であるため、ある程度は仕方のないことでしょう。しかし、改善可能な点も放置され、多くの看護師が納得のいかない環境で働いていることも確かです。たとえば、以下のようなケースがあります。

  • 業務時間外に行われる病棟会議や勉強会が残業対象として扱われず、残業代を請求できない
  • 「時間内に仕事が終わらないのは要領が悪いから」という理由で時間外労働の申請ができない
  • 時間外労働の申請を許可されていないため、資料作成などの作業は家に持ち帰って行う

2-2.問題点

残業にかんする問題点をまとめました。

2-2-1.残業代

まずは、残業代の問題です。基本的に残業代は、基本給を月の労働時間で割って出た「時給」に対して25%増しで計算します。しかし、実際にはサービス残業をしている看護師がたくさんいるのが現状です。「時間内に終わらないのは自分の責任なので残業を付けられない」「研修は残業とみなされない」などの理由で、適切な残業代をもらわずに働いています。

2-2-2.労働基準法

労働基準法は、労働者の権利を保障するために定められた法律です。看護師も当然、この法律に守られていることになります。労働基準法で決められている1日の労働時間は8時間です。8時間を超えると「時間外労働」という扱いになりますが、時間外労働についても限度時間数が決められています。しかし、実際には始業前の準備や業務後の片付けを含めると、限度時間を超えて働いている看護師がほとんどです。問題は、どこからどこまでを「時間外労働」と位置付けるか、ということでしょう。判断基準は職場によって異なるため、そこが「働きやすい職場か、そうでないか」を判断するポイントになるはずです。

2-2-3.減らすことはできるのか?

業務をうまく分担する、看護記録は書けるときにこまめに書いておく、などの方法で残業を減らすことは可能なようにも感じます。しかし、実際の現場でそのようなことが本当に可能かと言われれば、難しい部分が多いのではないでしょうか。「看護師はサービス残業が当たり前」「周りが残業しているのだから当然」という風潮がある職場では「残業を減らしてほしい」と簡単に言えるわけがありません。特に新人の場合は「残業が必要になるのは自分自身の力不足のせい」と言われるのを恐れて、我慢している看護師も少なくないでしょう。

3.残業の少ない看護師の職場とは?

残業の少ない職場で働くことを希望する看護師も多いでしょう。そんな職場を探すコツや注意点をまとめました。

3-1.残業の少ない科目とは?

残業の少ない職場への就職や転職を希望する看護師も多いでしょう。残業が少ない看護師の職場には、4つのポイントがあります。

  • 急変や急患が少ない
  • 新卒の看護師が少ない
  • 時間外の研修や勉強会がない
  • 人員が確保されている

具体的な科目としては、皮膚科や泌尿器科・耳鼻科・慢性期病棟・回復期リハビリテーション病棟などが当てはまります。残業が少ない分、自分の時間を有効に使えるため、子育て中の看護師などには最適です。

3-2.残業の少ない職場を探すコツ

残業の少ない職場かどうかを見極めるためには、いくつかポイントがあります。まず、多くの看護師転職サイトに募集広告が出ている病院には注意しましょう。慢性的な人員不足により、残業がある可能性が高くなります。また、実際に病院を見学する際にも、いくつかチェックしてください。

  • 清掃や書類の整理が行き届いているか
  • 働いている看護師の身だしなみが整っているか
  • 年配の看護師ばかりが働いていないか

掃除や身だしなみができている病院は、人手不足である可能性が低いでしょう。看護師の年齢層にバラつきがあるということは、すぐに辞めてしまう看護師ばかりではないということを意味しています。

3-3.求人について

求人票に月の平均残業時間が記載されているケースもあります。問題は、実態が正しく反映されているかということです。本当に残業が少ない職場を探すためには、信頼性の高い情報を得ることが必要になります。大手の看護師転職サイトには病院の実情が集められているため、利用して求人を探すとよいでしょう。また、転職サイトの担当者にもしっかりと希望を伝えるべきです。「残業がある職場では働きたくない」ということを伝えても問題ありません。

3-4.探す前にしておくこと

求人を探す前にしておくべきことがいくつかあります。まず、自分はどのような環境でどのような働き方をしたいと思っているのか、明確にしておきましょう。残業がまったくない職場がよいのか、週にどのくらいなら残業をしてもよいと思っているのかなど、理想の条件をまとめておいてください。また、事前に履歴書や職務経歴書などの書類は作成しておきましょう。採用試験を受けるときになって慌てることのないようにしておくことが大切です。

3-5.専門サイトを活用

看護師として働くことを考えているなら、看護師専用の就職・転職サポートサイトを活用するのがおすすめです。求人情報はもちろんのこと、転職の悩みや面接・退職にかんするアドバイスなど、トータルでサポートしてもらえます。看護師転職サイトである「看護師キャリアアップ」には、転職にかんするあらゆる役立ち情報が満載です。ぜひご利用ください。

3-6.注意点

看護師として働きながら、新しい職場を探す人も多いでしょう。しかし、どんな場合であっても自分が転職活動をしていることは口外しないようにしてください。周りのスタッフの耳に入ると、仕事がしにくくなってしまう可能性があります。また、現在の職場の事情も考えて、いつまでに転職するか大体のスケジュールを立てておきましょう。退職手続きや引き継ぎなどのことも考慮し、余裕を持って動くことが大切です。

4.看護師の残業にかんするよくある質問

「看護師の残業について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

4-1.病院内で行われる勉強会に参加しようと思います。自由参加なのですが残業代をもらう権利はないのですか?

A.研修の内容がほとんど業務と変わらない場合や、欠席すると不利益になる場合などは、残業代を請求する権利があります。

4-2.看護記録業務による残業が続いています。残業代の請求はできないでしょうか?

A.看護記録も看護業務の一つです。基本的には労働時間とみなされるため、残業代を請求できます。

4-3.残業しても残業代が支払われない場合、どう対処したらよいですか?

A.上司や先輩に相談するのが一番です。しかし、そうすることで自分の立場が悪くなることもあるでしょう。相談もできないような雰囲気の場合は、早めに転職を考えるべきです。

4-4.残業代が支払われない理由として多いのはどのようなものですか?

A.ほとんどが「残業を申請しにくい雰囲気がある」「残業の上限が決められている」という理由です。

4-5.残業代を申請したら「年俸制なので残業代は年収に含まれる」と言われました。正当な理由ですか?

A.立派な労働基準法違反です。しかし、違反しても具体的な罰則がないため、泣き寝入りするしかない看護師はたくさんいます。悔しい思いをしないためにも、働く病院選びは慎重に行う必要があるのです。

まとめ

いかがでしたか? 看護師の残業について、その実態や問題点をまとめてご紹介しました。看護師の仕事はやりがいがありますが、労働条件は過酷なイメージが強いと思います。しかし、今や看護師も働き方を選べる時代になったのです。少しでも働きやすい環境で力を発揮できるように、今抱えている問題と向き合いましょう。転職するべきかについても、ぜひこの記事を参考にして考えてみてください。