看護師に残業が多い理由を徹底検証! 残業の少ない職場で働くには?

「看護師には残業が多い」というイメージが強いと思います。特に新人の看護師は仕事の要領がつかめず、残業が多くなりがちです。しかし、新人だけでなくベテラン看護師の中にも、残業について頭を抱えている人がたくさんいます。看護師は体力的にも精神的にも大変な仕事であり、その中でもできるだけよい環境で働きたいと思うのは当然のことでしょう。今、看護師として働きたいと思っている人、転職を考えている人も、働き方を考えて職場を探す必要があります。この記事では、看護師の残業がなぜ多いのか、その問題点や、残業の少ない職場探しのポイントなどをまとめてご紹介しましょう。

  1. 看護師の残業について
  2. 看護師の残業にかんする問題点
  3. 残業の少ない看護師の職場とは?
  4. 看護師の残業にかんするよくある質問

この記事を読むことで、看護師の残業にかんする悩みが解決するはずです。ぜひ参考にして、条件のよい環境で働ける方法を考えてみてください。

1.看護師の残業について

看護師の残業の実態や、残業が多い理由などをまとめました。

1-1.看護師の勤務について

看護師の勤務形態は職場によって異なります。基本的に、入院施設がある病院で働く看護師の場合は夜勤があるため、2交代制か3交代制の病院がほとんどです。

  • 2交代制:朝~夕方までの日勤と、夕方~翌朝までの夜勤
  • 3交代制:朝~夕方までの日勤、夕方~夜中までの準夜勤、夜中~朝までの深夜勤

一見すると2交代制のほうが長い勤務時間なので過酷なように感じます。しかし、実際には3交代制のほうが複雑な勤務形態になりがちで、準夜勤を終えた翌日に日勤、というような厳しいシフトが組まれることもあるのです。

1-2.残業が多い理由とは?

通常の勤務時間内で仕事が終わらない場合などは、残業をすることになります。看護師の残業理由として多いものは、以下のとおりです。

  • 患者の急変、退勤間近の救急搬送
  • 人員不足
  • 終了間際の受診
  • 時間外に行われる勉強会
  • 看護記録などの事務処理

1-3.残業時間の平均

では、実際に看護師はどのくらいの時間、残業をしているのでしょうか。調査の結果によると、日勤時で2~3時間、夜勤時で1~2位時間の残業時間が平均となっています。日勤は患者の急変や人員不足により、特に定時で上がれないケースが多いのです。

1-4.残業の多い職場、科目とは?

働く科目によって残業が多いところ、少ないところがあります。特に、緊急入院や患者の急変など突発的な対応を求められる科は、残業が多いのが特徴です。ICUや救急外来・脳神経外科・循環器内科・急性期病棟などが該当します。また、重症患者が搬送されることが多い大学病院は、総合病院やクリニックに比べて、やはり残業が多い傾向にあるでしょう。