イベントナースをやってみたい人は必見! 求人を見る前の基礎知識

イベント会場で働くナースのお仕事を、やってみたいと思いませんか? いつも同じ職場で同じ顔ぶれで仕事をしていると、違う業種の人たちと働いてみたいと思うこともあるでしょう。あいた日に単発で働けるイベントナースは、単調な毎日をリフレッシュしたいときに最適なお仕事です。この記事では、イベントナースがどんなお仕事かをわかりやすくまとめました。

  1. イベントナースについて
  2. イベントナースのメリット・デメリットについて
  3. イベントナースになるには
  4. イベントナースの求人の探し方について
  5. イベントナースに関するよくある質問
  6. まとめ

この記事を読めば、イベントナースの仕事の基礎知識が得られ、求人の探し方も具体的にわかります。ぜひ、参考にしてください。

1.イベントナースについて

1-1.イベントナースとは

たくさんの人が集まるイベントでは、臨時の救護所や医務室が設けられます。イベント当日、救護所などで待機し、参加者の急病やケガを手当するのがイベントナースのお仕事です。ほとんどが単発の求人であるため、派遣やバイトの看護師がイベントナースを務めます。常勤の仕事を持つナースの副業としても人気の仕事です。イベントという晴れやかな環境で、新鮮な気持ちで働けることが人気の理由のひとつでしょう。

1-2.職務・役割

イベントナースの職務は、常に救護所で待機していることが基本です。イベントには大勢の参加者が集まるため、体調不良を訴える人や、事故やトラブルでケガをする人が発生します。イベントナースの役割は以下のとおりです。

  • 救護所にやってくる傷病者に応急処置をする
  • ケガや病気の状態に応じて、タクシーなどで病院へ行ってもらう
  • 必要と判断すれば救急搬送を要請する

周辺の病院の診療科目は何か、救急搬送を受けているかといったことも把握しておき、スムーズに連携することもイベントナースの役割です。

1-3.主な仕事場

仕事場になるイベントは、コンサート・フェス・夏祭り・スポーツ大会など多様です。場所も屋内に限らず野外ステージや海辺など、バラエティーに富んでいます。希望すれば学校行事や宿泊学習に付き添うツアーナースの仕事もあり、子どもたちと過ごす機会も持てるのです。