看護の環境整備とは? 内容や種類、転職・就職のコツなど徹底解析

「看護の環境整備ができない人は良い看護師になれない」と言われているほど、看護の環境整備は大切な要素です。環境整備ができているからこそ、看護師としての経験・実績を積むことができます。内容・手順・種類・方法など把握しておかなければならないことがたくさんあるため、ごちゃごちゃになる方も多いでしょう。しかし、環境整備について分からないままでは看護ケアができないので、きちんと知っておかなければなりません。そこで、本記事では、看護の環境整備とは何か、内容・問題点・環境整備計画・転職と就職のポイントについて説明します。

  1. 看護の環境整備の基礎知識
  2. 看護の環境整備の内容について
  3. 看護の環境整備の問題点
  4. 看護の環境整備計画について
  5. 看護師の転職・就職について
  6. 看護の環境整備や転職・就職に関してよくある質問

この記事を読むことで、看護の初歩である環境整備について詳しく知ることができます。転職・就職を考えている方や看護師として働きたい方は、ぜひチェックしてください。

1.看護の環境整備の基礎知識

適切な環境整備を行うためには、基礎知識を深めることが大切です。概要や目的・重要性、一般的なものとの違いについて説明します。

1-1.概要

看護における環境整備とは、居心地の良い入院生活を提供するために環境を整えることです。看護師は、より快適な入院生活や治療が行えるように工夫しなければなりません。早期治療・完治のために、徹底した環境整備が必要不可欠となります。誰もが知っている看護教育学者のフロンレス・ナイチンゲールは、環境整備を看護の基本と考えました。「自然が病人に対して最も働きやすい状態にすること」「自然治癒力を高める手段」として、環境整備が重要だと述べていたのです。

1-2.目的・重要性

看護の環境整備は、患者のケガ・事故・感染症防止や早期治療を目的としています。患者の安全・安心・安楽のためでもありますが、医師や看護師など病院で働く人によってより良い環境にすることも目的の1つです。主に、以下の5つが目的とみなされています。

  • 治療・看護がより効果的に行われ、質の高い医療提供の一環を担う
  • 医療従事者や病院関係者に、安全で良好な労働環境を保障する
  • 患者に快適で安全な療養環境を提供する
  • 感染症・ケガ・事故などの二次的障害を防ぐ
  • 建物の維持保全をする

1-3.一般的なものとの違い

「環境整備」という言葉は、看護業界だけでなく、さまざまな分野で見られるものです。環境整備は、安心・安全・安楽のための環境をつくることを意味しています。公共事業として実施される環境整備は、森林環境整備や住宅市街地の形成を図るための補助制度などが挙げられるでしょう。看護業界との徹底的な違いは、対象が医療施設・患者であることです。非健常者のために、医療・福祉事業にかかわる人たちが取り組む内容となります。