【必見】看護業務の改善とは? 事例や就職・転職のポイントをご紹介

現在の日本は少子高齢化社会がすすんでおり、医療・福祉関連の人手不足が深刻化しています。特に、看護師の数が足りておらず、各医療・福祉施設では人材確保のための業務改善が積極的に行われるようになっているのです。「看護師として働きたいけど、勤務時間が……」「小さい子どもがいるから不安」など、悩んでいる方も多いと思います。しかし、看護業務の改善によって、そのような不安がなくなる可能性もあるのです。そこで、本記事では、看護師の業務にかんする基礎知識や問題点・改善事例・改善の効果・就職と転職について説明します。

  1. 看護師の業務について
  2. 看護師の業務~問題点について
  3. 看護師の業務~改善について
  4. 看護師の業務~改善の効果について
  5. 看護師の就職・転職について
  6. 看護師の業務や就職・転職に関してよくある質問

この記事を読むことで、看護業務の改善事例や就職・転職のポイントなどについて知ることができます。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.看護師の業務について

看護業務の改善について知る前に、基本的な看護師の基礎知識を深めることが大切です。看護師の種類や主な業務と1日の流れ・勤務形態について説明します。

1-1.看護師の種類

ケガをした人や病人の看護・診療の補助を行うのが看護師です。看護師は看護職の1つですが、看護師・准看護師・保健師・助産師の4種類に分けることができます。取得すべき資格も異なるため、注意が必要です。それぞれの特徴を以下にまとめてみました。

  • 看護師:国家資格の1つで、看護や診療の補助を行う
  • 准看護師:都道府県知事が行う試験資格で、医師や看護師の指示を受けて業務にたずさわる
  • 保健師:看護師・保健師2つの資格が必要で、病気やケガを防止するための適切な指示を行う
  • 助産師:助産師教育機関で学び、看護師の資格が必要。赤ちゃんを取り上げることだけでなく、産後の体調管理や母乳・乳児指導なども行う

1-2.主な業務と1日の流れ

看護師の主な業務は、医師の診察・治療補助や患者のケアです。血圧・体温・脈などの測定、注射・点滴・採血などの治療補助、さらにはベッドメイキング・食事や入浴介助など身のまわりの世話も担当します。夜勤がある医療機関では、次の看護師に引き継ぐための記録もつけなければなりません。1日の流れは夜勤の有無や交代制によって異なります。今回は、日勤の流れをピックアップしてみました。

  • 8:00~出勤
  • 8:30~朝の申し送り:前日と夜勤帯における患者の様子などを次の人に伝える
  • 9:00~オムツ交換・バイタルサイン測定
  • 11:30~昼食介助
  • 13:00~オムツ交換
  • 15:00~おやつタイム・記録
  • 16:30~夕方の申し送り
  • 17:00~業務終了

1-3.勤務形態

看護師の勤務形態は、日勤・準夜勤・深夜勤の3交代制と日勤・夜勤の2交代制があります。3交代制は8時間区切り、2交代制は日勤者が朝~夕方まで、夜勤者が夕方~朝までです。夜勤の場合は、業務の間に2~3時間の仮眠を取ることができ、明けた日は帰宅後休みとなります。そのため、3交代制よりも2交代制のほうが体を休められるのです。