【必見】看護業務の改善とは? 事例や就職・転職のポイントをご紹介

現在の日本は少子高齢化社会がすすんでおり、医療・福祉関連の人手不足が深刻化しています。特に、看護師の数が足りておらず、各医療・福祉施設では人材確保のための業務改善が積極的に行われるようになっているのです。「看護師として働きたいけど、勤務時間が……」「小さい子どもがいるから不安」など、悩んでいる方も多いと思います。しかし、看護業務の改善によって、そのような不安がなくなる可能性もあるのです。そこで、本記事では、看護師の業務にかんする基礎知識や問題点・改善事例・改善の効果・就職と転職について説明します。