専門看護師の役割や認定看護師との違いは? 資格取得について紹介

看護師であるからには、より高いスキルと専門性の追求を考えるようになりますよね。命を預かる職業ゆえ、やりがいもあり、もっと高水準の医療に携わりたいと考えるのは自然なことです。
専門性を高めたいと思う方は、「専門看護師とはどのようなもの?」「専門看護師になるメリットは?」といった、疑問も出てくるでしょう。専門看護師は、一般看護師の実務を積み、特定分野での研修期間を経て得られる資格です。高度な医療知識を持ち、医療技術も一般看護師とは一線を画す存在となります。
一般看護師から専門看護師の資格取得を目指す方や、専門看護師を目指すために看護学校で学ぶ方もいて、今後も専門知識を持つ専門看護師の需要は高まると考えていいでしょう。待遇なども変わってきます。専門看護師だから得られるメリットもあり、キャリアアップを目指す方はぜひ覚えておきたいことばかりです。今回は、専門看護師についてご紹介します。

  1. 専門看護師について
  2. 専門看護師の仕事について
  3. 専門看護師の求人や就職について
  4. 専門看護師の資格取得について
  5. 専門看護師でよくある質問
  6. まとめ

在宅医療や自宅看護の問題なども注目され、特別なケアを必要とする患者が増えています。専門看護師の資格があることで、より深く医療にかかわることができるようになり、やりがいも感じられるでしょう。この記事を読むことで、専門看護師がどのような場面で必要とされているのか、一般看護師との違いなどを理解できます。

1.専門看護師について

専門看護師は、公益法人社団日本看護協会による認定資格です。

1-1.専門看護師とは? 

専門看護師は、全国でも有資格者が2000人に満たない貴重な存在です。医療現場において、患者と家族に対して包括的なケアを行い、より高度なスキルを備えています。看護師の中でもリーダーのような存在となり、後進の育成やチーム医療の軸として働くことができるのです。

1-2.専門看護師の目的や役割

専門看護師は、地域医療との深いかかわりを持つため、また現場で専門知識を生かした高度な看護を発揮するためにいます。主な役割は、チーム医療の中心となり、患者や家族と医療従事者の間ですれ違いが起こらないように配慮する役割があり、専門知識を生かして安心して医療が受けられるよう医療と患者や家族との連携を意識した看護を行うのです。

1-3.一般看護師・認定看護師との違い

一般看護師は、国家資格を取得後に病院などで勤務する看護師を指します。認定看護師は、高度水準の知識を持った看護師で、専門看護師と通じる役割を持っていますが、主に医療現場で特定の役割を持っているのが特徴です。認定看護師の種類には、救急看護・皮膚排泄(はいせつ)ケア・集中ケア・緩和ケア・がん化学療法看護・認知症看護などがあります。
一方、専門看護師は、家族や患者が安心して医療を受けられる態勢作りや権利保護も重要視した役割を持ち、常に技術の向上を目指した活躍をするものです。

1-4.専門看護分野について

認定看護師にも種類があるように、専門看護師にも分野が定められています。

  • がん看護
  • 精神看護
  • 地域看護
  • 老人看護
  • 小児看護
  • 母性看護
  • 慢性疾患看護
  • 急性・重症患者看護
  • 感染症看護
  • 家族支援
  • 在宅看護
  • 遺伝看護
  • 災害看護

上記の分野があり、患者の生活の質が向上もしくは維持への貢献と医療現場との相違が起こらないよう、潤滑油のような働きをしています。