訪問看護師は訪問看護ステーションで活躍! 役割や求人などをご紹介

高齢化社会なり、在宅医療の需要が高まっています。寝たきりで通院が難しくなっている方や、自宅での看護を希望する方が増え、訪問看護が受けられる態勢が求められるからです。在宅医療の中心は病院に勤務する看護師ではなく、訪問看護ステーションに所属する訪問看護師となります。
「訪問看護師は一般の看護師とどう違う?」「訪問看護師の資格や待遇などが知りたい」など、看護師を志す方は疑問も出てきます。一般の看護師から訪問看護師を目指す方もいて、具体的な仕事内容なども深く知りたいと思うはずです。今後も需要が拡大すると想定される在宅医療を踏まえ、訪問看護師の役割や資格取得にかんする知識は持っておきましょう。

  1. 訪問看護師について
  2. 訪問看護師のメリット・デメリット
  3. 訪問看護師の求人や就職について
  4. 訪問看護師の資格取得について
  5. 訪問看護師の準備と転職について
  6. 訪問看護師でよくある質問
  7. まとめ

訪問看護ステーションを中心に活躍の場を広げている訪問看護師は、高齢化社会を支える重要な存在です。この記事を読むことで、主な勤務先や働き方などがわかり、転職や就職に生かすことできます。

1.訪問看護師について

まず、訪問看護師とはどのような役割なのか、基礎知識から見ていきましょう。

1-1.訪問看護師とは?

訪問看護師は、訪問看護ステーションに所属し、在宅医療をサポートする役割を持っています。病院に入院できない患者やリハビリテーションを必要とする患者を看護し、生活の介助も手がける仕事です。在宅医療では、心のケアも重要となるため、患者の心理面でのサポートも在宅医療で求められます。患者の家族から相談を受けることもあり、病気の看護だけに留(とど)まらない幅広い活躍が望めるでしょう。

1-2.訪問看護師の仕事内容

病気や薬の管理・嚥下(えんげ)や呼吸のトレーニング・栄養相談・入浴や排泄(はいせつ)といった、看護から介助まで幅広い仕事が求められます。手がける範囲が広い分、やりがいや達成感を抱けるのが訪問看護師の魅力です。いつまでも活動的であり続けるため、訪問リハビリテーションと連携してトレーニングを行うこともあります。訪問看護を利用する患者は、主治医が記載した特別指示書が交付され、医療保険や介護保険を利用するものです。訪問看護は6か月ごとに更新が必要で、訪問看護師は更新時期に合わせて申請の手続きをします。患者の容体や状況を見極め、その後の訪問看護が必要かどうかの判断も必要とされるのです。

1-3.一般看護師との違い

一般看護師は、病院に勤務しています。病棟勤務や夜勤もあり、訪問看護師とは働き方が異なるものです。訪問看護師は、医師・リハビリテーションセンター・ケアマネージャー・理学療法士などと一丸となって、チーム医療を行うことになります。病院とは全く異なる医療体制であるため、訪問看護には専門の看護師が必要なのです。

1-4.訪問看護師の重要性・やりがい

訪問看護師は、心身のケアを行う重要な存在であるため、患者により近く看護ができます。また、キャリアアップも望め、訪問看護師から訪問看護ステーションの管理者になることも可能です。働き方を選ぶことができ、夜勤のない訪問看護ステーションを選ぶなど、自分のスタイルを貫くことができます。

1-5.訪問看護師の現状や問題点

看護業界全体としていえるのは、人手が不足しているということです。中でも、在宅医療の需要が高まるつれ、訪問看護師の人数は不足しています。一人の訪問看護師が請け負う患者の数が多くなってしまうのが、現状の問題点でしょう。高齢化社会になり、自宅での療養を希望する患者が増えるとともに、病院に入院できない患者も増加傾向です。そのため、慢性的な訪問看護師不足が続いています。