看護師の給料・ボーナスはどのくらいか? 転職・就職に役立つ情報

看護師は一般的なサラリーマンやOLよりも年収が高いといわれています。現在、少子高齢化がすすんでいるため、看護師の需要が高まると同時に人材不足に陥っている状態です。そのため、看護師を必要としている現場では、人材を得るために労働条件や給料面の改善を行っています。看護師として長く働き続けるためにも、労働条件や環境の良い職場を選びたい方は多いはずです。そこで、本記事では、看護師の給料・ボーナス・転職・有利な資格などについて詳しく説明します。

  1. 看護師の給料について
  2. 看護師のボーナスについて
  3. 看護師の転職について
  4. 看護師の転職方法
  5. 看護師の転職に有利な資格について
  6. 看護師の給料・転職にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、看護師として好条件の職場に転職するために必要な情報と知識を得ることができます。転職・就職を考えている方はぜひ参考にしてください。

1.看護師の給料について

看護師の平均給料や病院・都道府県などによる給料の差、夜勤などの手当、最近の傾向、バイト・パートの給料について詳しく説明します。

1-1.平均給料とは

平成27年度の人事院統計書調べによると、看護師の平均収入は519万円でした。正看護師で561万円、准看護士で478万円となっています。一般的なサラリーマンやOLの平均年収は400万円~といわれているため、看護師の給料は高いのだと実感するはずです。平均給料は正看護師で35万円、准看護師で29.8万円となっています。

1-2.給料の差

看護師全体の平均年収が519万円でも、勤め先や職場環境によって、給料の差が出てきます。病院・都道府県・男女・学歴ごとの給料についてチェックしておきましょう。

1-2-1.病院

総合病院・大学病院・個人病院・クリニックなど、勤務先はさまざまです。病院の中でも高めの給料となっているのが、大学病院のおよそ420万~560万円でした。続いて、総合病院が400万~530万円、個人病院やクリニックが340万~440万円です。

1-2-2.都道府県

看護協会が行った調査によると、都道府県別に看護師の給料に差があることがわかりました。給料が高めだったのは、神奈川県や東京都・埼玉県・大阪府などの主要都市です。特に、関東圏はほかの地域と比べて給料が高めでした。逆に、給料が低めだったのは、宮崎県・熊本県・青森県・佐賀県など、人口の少ない地域が見られます。

1-2-3.男女

看護師は女性の割合が多いですが、近年は男性の看護師も増えてきています。男女による給料の差はあると思われがちですが、実際のところは、男女による給料の差はありません。力仕事は男の仕事などという区別は、看護師業界では関係ないといえます。

1-2-4.学歴

看護師の世界でも学歴による給料の差があります。たとえば、同じ正看護師であっても、3年過程を卒業した者と看護系大学を卒業した場合では、およそ7,000円~の差が生まれるのです。学歴のある看護師ほど、高めの給料が期待できます。

1-3.夜勤などの手当について

勤務形態に夜勤がある場合は、基本給に夜勤手当がつきます。職場によって異なりますが、夜勤手当はおよそ4,000~1万円以内です。3交代制の場合は平均4,000~5,000円、2交代制の場合は平均1万円~となっています。夜勤手当のほかにも、休日労働手当・出産手当・役職手当などがあるため、転職・就職の際はきちんと確認しておきましょう。

1-4.最近の傾向とは

少子高齢化の進行により、看護師の需要が高まっています。看護師不足といわれているため、何とかして人材を確保しようとする職場が多いのです。結婚や出産によって離職した看護師を復職させるため、セミナーや講習会を実施しているところもあります。また、育児中の看護師でも働きやすいように、保育所などの環境を整えるところも増加中です。

1-5.バイト・パートの給料について

バイト・パートとして働く場合は、月給ではなく時給となります。シフトを自由に決められるメリットはありますが、正看護師よりも給料は安くなるでしょう。ただし、ほかのバイト・パートよりも時給は高めです。看護師のバイト・パートは、時給1,200~2,200円のところが多く見られます。