看護師不足って本当? 看護師の転職・復職の現状をとことん解説!

看護師は医療のスペシャリストとして、常に引く手あまたです。しかし、ずっと看護師不足と言われているのも事実と言えます。看護師不足の理由を学び、どんな対策が必要なのかを考えることが必要でしょう。今回は、看護師の転職・復職の現状をとことん解説します。転職・復職に有利な状況であっても、自分の希望どおりの条件を満たす職場を探すためのコツも覚えてください。

  1. 看護師は不足している?
  2. 看護師不足の対策の内容とは
  3. 看護師不足は今後どうなる?
  4. 看護師の転職や復職について
  5. 看護師不足についてよくある質問

この記事を読むことで、看護師不足の状況を正しく理解し、就職・復職で有利に動くことができるようになります。離職率の高さが問題とも言われる看護師で満足する職場に出会うためにも、ぜひ最後まで読んでみてください。

1.看護師は不足している?

最初に、看護師不足の現状や問題について学びましょう。看護師不足の主な理由についても解説します。

1-1.看護師の現状を確認しよう

看護師は、病院などの施設で医師を助け、患者に適切な看護を提供するために重要な存在です。知識や技術を身に付け、資格取得をすれば一生働き続けることができるため、女性を中心に看護師を目指す人も多くいます。しかし、毎年希望を抱いて多くの看護師が誕生している一方で、慢性的な人手不足が解消することはありません。職場の数が豊富にあるのにもかかわらず、看護師が圧倒的に足りないのです。

1-2.看護師不足が問題になっている

勤務条件がハードなどの理由から、看護師の離職率が高いことは事実です。しかし、高齢化社会が進み、看護師の需要は高まる一方であり、看護師不足が大きな問題となっています。看護師業務を行うには国家資格が必要であり、誰でもできる仕事ではありません。もちろん、これから看護師になろうという人をサポートすることも大切でしょう。さらに、現在看護師資格を持っていながらも仕事に就いていない人たちの転職・復職を支援することがポイントになってくるのです。資格を持っていても、活用できていない人はたくさん存在します。看護師不足を解消するためには、さまざまな対策を行って転職・復職を促すことが必要です。

1-3.看護師不足の理由とは?

慢性的な看護師不足は、主に以下のような原因があるためです。

  • 勤務条件がハード:人手が足りなくて休日が取りにくい・残業や休日出勤がある
  • 不規則な勤務形態:夜勤が入るためシフトが不規則になる
  • 高度な医療技術:常に最新の医療技術を吸収する必要がありプレッシャーになる
  • 介護施設などの増加:介護施設が増加するたびに看護師需要が高まる