【必見】看護師の就職は有利なの? 就職先や探し方の秘訣について

「本当に就職できるのか」「看護師としてキャリアアップできるのか」など、看護師の就職で悩んでいる方は多いでしょう。少子高齢化がすすんでいる現在の日本は、看護師などの福祉・介護業界の人手不足が問題になっています。看護師の求人は増えていますが、自分にとって理想的な職場で働くためには情報を集めておかなければなりません。看護師の就職先や探し方を把握しておけば、就職もスムーズにすすめられるはずです。そこで、本記事では、看護師の就職の基礎知識や就職先・探し方の秘訣(ひけつ)について詳しく説明します。

  1. 看護師の就職の基礎知識
  2. 看護師の就職先はどんなところ?
  3. 看護師の就職先の探し方
  4. 看護師の就職にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、看護師の就職をスムーズにすすめるために必要な情報を知ることができます。就職先を探している方や働きたいと思っている方はぜひ参考にしてください。

1.看護師の就職の基礎知識

理想的な職場をスムーズに見つけるためには、看護師の就職状況を常に把握することが大切です。基本的に、就職活動は情報収集から始まります。それでは、看護師の就職が有利か、現状・将来性・優位性などについて詳しくチェックしましょう。

1-1.看護師の就職は有利?

最初に話したとおり、看護師は慢性的な人材不足です。少子高齢化の影響もあり、今後も看護師の需要は増え続けるものと考えられています。人材不足になっているため、ほかの職業よりも求人が多く出されているのです。人材を確保しようと、病院によってはいい条件がそろっているところもあります。看護師は資格を取得しなければならない仕事でもあり、仕事の幅も広がっている職業です。きちんと将来の目標を定めておけば、資格を生かしてスキルアップができます。以上のことから、看護師の就職は有利といっても過言ではありません。

1-2.現状

看護師の就職率は、ほぼ100%といわれています。人材不足になっていることもあり、出産で一度離職した看護師が再就職するケースも増えているのです。家庭と両立できるように、保育所などの環境を整える病院も増えています。しかし、未(いま)だに人材不足になっているのが現状なのです。働きやすい環境を整えていても、看護師が不足している状態は変わりません。

1-3.将来性

看護師の将来性は非常に安定しています。なぜなら、看護師の活躍の場が広がっているからです。看護師が働く場所をイメージしてみると、1番に思い浮かぶのが病院だと思います。病院・診療所だけでなく、介護施設・老人ホーム・企業・学校など、職場も広がっているのです。また、高齢化社会にともない、在宅医療も見直されています。今後は、訪問看護ステーションで働く看護師の需要も高まるでしょう。

1-4.看護師資格の優位性について

看護師は一生役立つ資格です。一度取得すれば、永遠と持ち続けることができ、出産・育児でブランクがあっても働くことができます。資格さえあれば、雇ってもらえる優位性を持っているのです。また、看護師はほかの職業よりも給料が高い傾向があります。普通のOLやパートよりも、スキルによっては高収入が期待できるのです。

1-5.新卒・既卒・復職、それぞれの違いや特徴

新卒・既卒・復職それぞれによって、違いや特徴があります。新卒の場合は、およそ6割が病院勤務です。病院で基本的なスキルを身につけながら、自分が働きたいと思える職場を見つけて転職するというケースが増えています。ある程度、看護師としての基礎が固まれば、スキルアップのために転職するというわけです。一時的に職場から離れた場合は、ブランクが最大の悩みとなります。近年は、復職を目指している看護師向けに研修・セミナーを実施しているところも増えているのです。以前よりも、復職しやすい状況になっているので安心してください。