デイサービス・デイケアで看護師勤務! 知っておくべきことを徹底解説

高齢化社会が進むにつれ、介護者の負担を少なくし、リハビリを続けるために、デイサービスやデイケアの需要は増えるばかりです。そした施設で、高齢者が安心して過ごすためにも、看護師の責任は重大と言えます。急変があったときに適切な対応をすることで、高齢者本人だけでなく家族にも感謝される仕事であり、誇りとやりがいのある仕事です。今回は、デイサービスやデイケアで看護師勤務を考えている人のために、知っておくべきことや勤務先の探しのコツなどを解説します。

  1. デイサービスについて
  2. デイサービス施設における看護師の職務とは
  3. 看護師のデイサービス勤務について
  4. 看護師のデイサービス勤務先の探し方について
  5. 看護師のデイサービス勤務にかんするよくある質問

この記事を読むことで、デイサービスやデイケアで看護師が何を求められているのかを理解し、自分に合った職場を探すことができます。就職・転職してから後悔しないためにも、まずは記事に書いてあることをひとつずつ学んでいきましょう。満足できる勤務先で働くためにも、最後まで読んでください。

1.デイサービスについて

最初に、デイサービスの基本を理解しましょう。デイサービスの定義や、看護師の必要性などを解説します。

1-1.デイサービスとは

デイサービスとは、福祉施設に日帰りで通いながら、食事や身体介護・レクリエーションなどを受けられるサービスです。デイサービスは、要介護認定において「要支援」もしくは「要介護」との認定を受けた人が利用できます。介護の専門知識を持ったスタッフと、安全な環境の中で過ごすことは、要介護者にとって良いリハビリとなると共に、介護をしている人の休息時間にもなるのです。デイサービスの需要は、年々増え続けています。

1-2.デイサービスにおける看護師とは

デイサービスには、日常生活において支援が必要な人がやってきます。病気やケガ・高齢などで、介護が必要な人という認定を受けた人たちです。そのため、いつ急変が起きるか予測できません。万が一のときの対応だけでなく、サービス利用前のバイタルチェック(体温・血圧測定など)を行うことも必要です。基本として、サービス提供中は、看護師の設置義務があります。

  • 利用定員10名以下の場合(小規模デイサービス):看護職員または介護職員を常勤で1名以上
  • 利用定員11名以上の場合:看護職員を常勤で1名以上

小規模デイサービスに限り、介護職員を置くことで看護職員を常勤で設置しなくてもいいことになっています。

2.デイサービス施設における看護師の職務とは

デイサービス施設では、看護師はどんな職務を行うのでしょうか。詳しく解説すると共に、ほかの職場との違いについても理解しておきましょう。

2-1.デイサービス施設における看護師の職務

  • 利用者のバイタルチェック(体温・血圧・血糖値の測定など)
  • 身体測定の実施
  • 入浴後の処置(塗り薬や貼り薬)
  • 食前・食後などの投薬管理
  • 急変時の医療的な対応
  • そのほか医師の指示による医療行為

デイサービス施設では、医療にかかわる職務が中心です。利用者の食事介助やトイレ・入浴介助などは、基本的に介護職員が行います。

2-2.医療行為について

医療行為については、「看護師」もしくは「准看護師」の資格を持っている人間が行うことになっています。また、基本として医師の指示に基づいて行うことになるのです。たとえば、自力排便が難しい人に対して行う「摘便(てきべん)」にかんしても、医師の指示が必要となります。利用者や介護職員が望んでも、自分ひとりだけの判断で行わないようにしましょう。判断が付かないときには、利用者のかかりつけ医に連絡して指示を仰いでください。

2-3.ほかの勤務先との違い

総合病医院や個人病院と違い、デイサービス施設には医師が常勤していません。そのため、利用者の急変などに臨機応変に対応し、適切な判断ができることが求められます。また、看護師が自分ひとりだけのこともあるため、急な休みが取りにくいこともあるものです。勤務時間や曜日が固定であるとは言え、覚えておいてください。

2-4.そのほかで覚えておくこと

デイサービスには、さまざまな環境・性格の人が集まります。要支援・要介護であることは共通ですが、生活環境も身体状況もそれぞれに異なるのです。そのため、ひとりずつ必要な処置があり、看護師として適切な対応をする必要があります。また、介護職員たちともコミュニケーションを取りながら、施設の運営がスムーズにできるように考えることも大切な仕事と認識してください。

3.看護師のデイサービス勤務について

看護師のデイサービス勤務について解説します。メリット・デメリットから福利厚生まで、実際にどんな感じなのかつかんでおきましょう。

3-1.看護師のデイサービス勤務のメリット・デメリット

看護師としてデイサービスに勤務したいのなら、メリットとデメリットの両方を知っておくべきでしょう。

3-1-1.メリット

  • 休みが決まっている(土日休みなど)
  • 残業が無い・少ない
  • 夜勤が無い

デイサービス勤務の大きなメリットは、勤務体系がほぼ固定であることです。夜勤やシフト勤務が無く、休みが固定しているので、予定を入れやすいのも大きな魅力と言えます。

3-1-2.デメリット

  • 基本給など給与額が低い
  • 急な休みが取りにくい
  • コミュニケーションが苦手な人には向かない

特に、看護師として仕事をバリバリこなしてお金を稼ぎたいという人にはデメリットとなるでしょう。

3-2.看護師のデイサービス勤務はどんな場合におすすめ?

デイサービスは、日中にサービスを提供することになります。そのため、看護師としての勤務時間も日中だけという場合が多いでしょう。たとえば、子育てなどで夜勤ができない・したくない人には、ピッタリと言えます。また、デイサービスだけを行っている施設では、土日を休みとしているケースも多いものです。プライベートの予定を充実したい人にとっても魅力的でしょう。給与が高くなくても、余裕のある働き方をしたい人におすすめです。

3-3.看護師のデイサービス勤務の働き方について

デイサービス勤務の働き方も、施設によってさまざまなパターンがあります。複数の看護師がいる場合は、より柔軟性がある働き方が可能です。常勤フルタイム以外については、以下を参考にしてください。

  • 半日だけの勤務(午前だけ・午後だけなど)
  • 夜勤だけの勤務(デイサービスと泊まり介護を併用している施設の場合)
  • 短期間だけの集中勤務(常勤看護師の産休中だけなど)

3-4.看護師のデイサービス勤務の給料について

給料については、病院勤務と比べ高いとは言えません。おおよそ、常勤・フルタイムの場合で、年収350万円程度からと考えてください。デイサービスの運営は、国からの補助金をもらって行っています。そのため、看護師といっても多くの給与を出すことが難しいのです。なお、大規模施設の方が給与を含めた条件がいい傾向があります。利用者の数が安定していたり、補助金を多くもらえたりすることが理由です。

3-5.看護師のデイサービス勤務の福利厚生について

福利厚生については、求人内容をきちんとチェックすることが大切です。正社員としての採用であっても、社会保険が整っているとは限りません。また、非常勤やパート職員となると、条件によっては厚生年金に加入できないこともあります。有給休暇の使用についても、実情を確認しておきましょう。就職してから後悔しないためにも、チェックは必要です。

3-6.看護師のデイサービス勤務にかんするそのほかのこと

看護師としての職務以外にも、施設から仕事をやってほしいと頼まれることがあります。たとえば、簡単な食事介助や身体介助など、人手が足りないときに多いものです。本来の職務でない内容をどこまで引き受けるかについては、個々の状況を優先してください。ただし、一時的な補助ではなく、常に仕事として扱われるようになるのは問題です。施設長に待遇改善を求めましょう。

3-7.看護師のデイサービス勤務にかんする注意点

デイサービスでは、利用者の健康チェックや万が一のときの対応が主な仕事です。利用者から感謝される立場としてやりがいを感じる反面、自分自身のスキルを高めることは難しいと言えます。看護師としてのキャリアを積みたいのなら、病院への転職が現実的です。また、デイサービス施設によっても待遇は異なります。不満がある状況で働き続けるよりも、転職を考えましょう。

4.看護師のデイサービス勤務先の探し方について

看護師のデイサービス勤務先の探し方について解説します。看護師求人の状況・看護師転職専門サイトの活用についてなどしっかり頭に入れてください。

4-1.デイサービス施設における看護師求人について

デイサービスを運営するためには、看護師が必要です。また、利用者に高齢者が多いため、高齢者の特徴や扱いに慣れた人材が条件となります。介護職員など、ほかの職員たちとの連携をうまく取ることができる協調性も条件です。デイサービス施設が看護師に求めるものを十分に理解し、自分の適正に合っているかじっくり考えてみてください。

4-2.勤務先を探す前にしておくこと

看護師としての勤務先を探す前に、以下のことをしておきましょう。

  • 働き方を決めておく:常勤・非常勤・フルタイム・パートタイムのどれにするか
  • 働く目的を確認する:お金のため・看護師としてのやりがい・福祉にかかわりたいなど
  • 働く環境について:大きな施設か、小規模でアットホームな施設のどちらがいいか
  • 家族の協力を得ることができるか:家事や育児への影響は無いか、家族の反対は無いか確認する
  • 給与などの条件について:最低限の給与額・休日や福利厚生の条件を確認しておく

最後に、条件に優先順位を付けてください。勤務先を探すときは、優先順位の高い条件を重視しましょう。

4-3.勤務先の探し方のポイント

いい条件の求人は、すぐに募集終了となります。特に、ハローワークや求人情報誌など多くの人が目にするところでの求人には、応募者が殺到するものです。いくら看護師が引く手あまたであっても、条件を選んで就職したいのなら、頭を使いましょう。たとえば、看護師就職・転職専門サイトに登録することをおすすめします。豊富な案件の中から、求人条件を選んで探しやすい点や、非公開求人への応募が可能になるなどのメリットがたくさんですよ。

4-4.デイサービスで実際に働く看護師の声

デイサービスで看護師として働きたいのなら、できるだけ実際に働く人の声を参考にしたいものです。たとえば、知り合いを通じて話を聞くのも有意義でしょう。知り合いがいない場合は、インターネットを検索してみてどんなものか探してみてください。デイサービスでの看護師勤務のやりがいだけでなく、苦労した点など、生の声はとても参考になりますよ。

4-5.看護師転職専門サイトを活用しよう

条件のいい勤務先をみつけるためにも、看護師転職専門サイトの活用をしましょう。看護師転職専門サイトには、デイサービスで働きたい人にも魅力的な求人がたくさんあります。また、転職活動のバックアップ体制も整っているので、ブランクがあっても安心です。当看護師キャリアアップでも、デイサービスでの看護師求人を多数取り扱っています。希望どおりの職場をみつけるお手伝いをしますのでぜひご利用ください。

4-6.勤務先を探すことにかんする注意点

勤務先を探すときに最も注意することは、焦りです。焦ってしまうと、自分がどんな職場に就職したいのかを忘れて、採用してくれるところに決めてしまいがちになります。職場は、探せば探すほど見つかるものです。焦らずに、自分が求める条件に合ったところを探してください。なお、就職面接のときには、フロアや廊下がきれいに掃除してあるか、職員や利用者の様子はどうかチェックしましょう。気になる点があるときは、何らかの問題を抱えている施設である可能性が高くなりなす。

5.看護師のデイサービス勤務にかんするよくある質問

最後に、看護師のデイサービス勤務にかんするよくある質問に回答します。就職・転職してから後悔しないよう、それぞれ確認しておきましょう。

5-1.看護師は利用者の送迎もする必要があるのでしょうか?

デイサービスは、通所介護と言われており、利用者は自分の家から通いで施設にやってきます。家族などが送迎することもありますが、多くは施設が送迎をしているものです。しかし、送迎のために専門の職員がいたり介護職員が担当していたりします。看護師が行う必要はありません。心配な場合は、面接時に確認しておきましょう。

5-2.デイサービスで看護師として働く場合、収入アップは望めますか?

同じ施設で働き続けても、収入アップは難しいものがあります。施設運営には予算があり、大幅な増加を見込むことができないからです。看護師としての能力や経験が上がっても、すぐに収入アップにつなげるのは難しいでしょう。もしも、収入アップを強く望むのなら条件のいい職場に転職を考える方が現実的です。

5-3.こんな職場は避けた方がいいという条件は?

  • 職員同士の雰囲気が悪い
  • 施設や設備が汚れている・悪臭がひどい
  • 待遇が極端に悪い
  • 利用者の表情が暗い
  • 離職率が業界の中でも高い

なお、常に求人が出ている職場は、何らかの問題を抱えているために看護師がすぐに辞めてしまうものです。条件がいいのに離職率が高い職場は特に注意してください。

5-4.看護師業務以外の雑務や介護業務を断ることはできますか?

デイサービスでの看護師勤務は、看護師業務だけに集中できるとは限りません。実際に、病院でも、看護師業務だけを行っている看護師はほとんどいないものです。必要に応じて患者をトイレにつれていき、介助をすることもあります。デイサービスでは、看護師としての職務を行うだけでなく、ときには利用者の食事介助などの介護補助が入ることもあるでしょう。きっちりと区分けをするのは難しいことです。

5-5.小さな子どもがいてもデイサービスの看護師としてやっていけますか?

小さな子どもがいると、急病で保育園などから引き取りにきてほしいと連絡がくることがあります。しかし、デイサービスでは看護師がいないと業務に支障が出るのは明らかです。代替要員がいない場合は、すぐに帰宅とは行かないでしょう。何かあったときに自分の代わりに子どもを迎えに行ってもらえる人を探しておくことをおすすめします。家族の理解や協力を得ることで、デイサービスでの仕事も安心して行うことができるでしょう。

まとめ

今回は、デイサービスの看護師勤務について詳しく解説しました。デイサービスは、高齢化社会が進むにつれてますます需要が高まっており、看護師求人も絶えることはありません。デイサービスでの勤務は、激務とは言えない反面、給与などの条件を優先する人には向かないでしょう。しかし、中には条件のいい求人もあります。たとえば、看護師転職専門サイトには、一般求人では出すことができない好条件の求人が非公開で集まってくるものです。条件のいい職場に転職するためにも、看護師転職専門サイトを上手(じょうず)に活用してください。