デイサービス・デイケアで看護師勤務! 知っておくべきことを徹底解説

高齢化社会が進むにつれ、介護者の負担を少なくし、リハビリを続けるために、デイサービスやデイケアの需要は増えるばかりです。そした施設で、高齢者が安心して過ごすためにも、看護師の責任は重大と言えます。急変があったときに適切な対応をすることで、高齢者本人だけでなく家族にも感謝される仕事であり、誇りとやりがいのある仕事です。今回は、デイサービスやデイケアで看護師勤務を考えている人のために、知っておくべきことや勤務先の探しのコツなどを解説します。

  1. デイサービスについて
  2. デイサービス施設における看護師の職務とは
  3. 看護師のデイサービス勤務について
  4. 看護師のデイサービス勤務先の探し方について
  5. 看護師のデイサービス勤務にかんするよくある質問

この記事を読むことで、デイサービスやデイケアで看護師が何を求められているのかを理解し、自分に合った職場を探すことができます。就職・転職してから後悔しないためにも、まずは記事に書いてあることをひとつずつ学んでいきましょう。満足できる勤務先で働くためにも、最後まで読んでください。

1.デイサービスについて

最初に、デイサービスの基本を理解しましょう。デイサービスの定義や、看護師の必要性などを解説します。

1-1.デイサービスとは

デイサービスとは、福祉施設に日帰りで通いながら、食事や身体介護・レクリエーションなどを受けられるサービスです。デイサービスは、要介護認定において「要支援」もしくは「要介護」との認定を受けた人が利用できます。介護の専門知識を持ったスタッフと、安全な環境の中で過ごすことは、要介護者にとって良いリハビリとなると共に、介護をしている人の休息時間にもなるのです。デイサービスの需要は、年々増え続けています。

1-2.デイサービスにおける看護師とは

デイサービスには、日常生活において支援が必要な人がやってきます。病気やケガ・高齢などで、介護が必要な人という認定を受けた人たちです。そのため、いつ急変が起きるか予測できません。万が一のときの対応だけでなく、サービス利用前のバイタルチェック(体温・血圧測定など)を行うことも必要です。基本として、サービス提供中は、看護師の設置義務があります。

  • 利用定員10名以下の場合(小規模デイサービス):看護職員または介護職員を常勤で1名以上
  • 利用定員11名以上の場合:看護職員を常勤で1名以上

小規模デイサービスに限り、介護職員を置くことで看護職員を常勤で設置しなくてもいいことになっています。