【必見】看護師が辛い? 悩みの解決方法と転職で成功するコツを伝授!

看護師は、何かと気苦労が絶えない仕事です。実際に、仕事をしていて悩んでいる人も多いことでしょう。看護師の悩みと言っても、原因はさまざまです。職場環境や仕事内容が人によって大きく異なることから、自分の状況を正確に把握してから対応をすることが大切と言えます。今回は、看護師が辛いと感じている人のために、悩みの解決方法と転職で成功するためのコツを伝授しましょう。自分ひとりで悩んでいるだけでは、何も解決しません。まずは、看護師の悩みについてじっくり学んでください。

  1. 看護師が辛い・看護師の悩みとは
  2. 看護師の仕事が辛い場合の対策方法
  3. 看護師の転職方法を詳しく学ぼう
  4. 看護師が辛い・看護師の悩みにかんするよくある質問

記事を読んだ人は、なぜ看護師が辛いと感じているのか原因を知り、適切な解決方法を選ぶことができるでしょう。もしも環境を変える必要がある場合は、転職についても学ぶ必要があります。記事では、看護師の転職についても役立つ内容が満載ですからしっかり目を通してくださいね。

1.看護師が辛い・看護師の悩みとは

看護師が辛いと感じていたり悩みを抱えていたりする人は、どんな状況にあるのでしょうか。主なものを見ていくと同時に、離職率についても触れておきます。

1-1.看護師は悩みが多い職業

看護師は、何かと悩みが多い職業と言えます。医療にかんする高度な知識が必要なだけでなく、医師・仲間の看護師たち・患者・患者の家族たちとも上手(じょうず)に人間関係を築く必要があるからです。また、勤務先が24時間体制だと夜勤を伴うことも多く、生活リズムを崩しやすいという悩みもあります。看護師は、まじめに働く人ほど多くの悩みを抱えやすい職業と言えるでしょう。

1-2.看護師が辛いと感じるときは?

実際に看護師が辛いと感じるときは、どんなときでしょうか。具体的に解説します。

1-2-1.仕事内容が辛い

看護師の仕事は、ひとときも気を抜くことができません。時には人命にかかわることもあるほど、重要な任務だからです。日々進化する医療知識を学んだり技術を磨いたりすることも必要なため、やりがいがある仕事ではあるのですが、常に辛いと感じている人も多いと言えます。

1-2-2.勤務形態や体力面で辛い

人手不足だったり夜勤を伴ったりする職場では、体力面で辛いと感じることもあります。不規則な勤務体系では、生活リズムも狂いがちです。さらに、人手が足りずひとりでやることが多過ぎて手が回らなくなることも多いでしょう。実際に、体を壊してしまう人も多いのです。

1-2-3.人間関係が辛い

看護師は、主に女性が活躍している職業です。女性が多い職場は、何かと人間関係の悩みが多くなります。また、基本的には医師の指示に従って職務に当たることになるため、医師に逆らうことはできません。そのため、看護師としての仕事は好きだけど人間関係が辛いと訴えることになるのです。

1-2-4.そのほかの辛いこと

看護師の悩みとしては、そのほかにも友達や恋人と会う時間が合わないというものもあります。生活時間のすれ違いは、多くの看護師にとって大きなストレスであり辛いことです。友人や恋人と疎遠になりがちなことは、看護師の宿命とも言えるでしょう。特に人数が少ない職場では、好きなときに休みを取りにくいことも辛いところです。

1-3.看護師の離職率について

看護師の離職率は、ほかの職種と比べても高くなります。理由のひとつには、手に職を持っていることから自分の希望に合った職場へ転職しやすいことがあるでしょう。しかし、仕事内容や人間関係が辛いなど、看護師としての悩みが原因で離職する人も多いのです。看護師は、ただ仕事が好きなだけではやっていける職業ではありません。現状、自分に合った職場で働くことができている人が少ないため、離職率が高くなっているのです。

2.看護師の仕事が辛い場合の対策方法

看護師の仕事が辛いと感じた場合は、どんな対策方法を行うといいのでしょうか。悩みを解決するために必要なことを学びましょう。

2-1.仕事を続ける場合

現在の職場で看護師の仕事を続ける場合は、以下のような対策を取ることができます。

2-1-1.職場状況の改善

現在の職場状況で自分が改善できるところは、積極的に改善していきましょう。人間関係の悩みも、自分ひとりが一方的に誤解をしていることもあります。できれば、当事者同士で話し合ってみることです。また、勤務シフトや働き方を変えることで悩みが無くなる場合は上司に相談してみてください。職場状況を改善するためには、ほかの人を巻き込んでいくことがカギとなります。

2-1-2.異動を願い出る

看護師の悩みも、部署やグループが変わると随分と楽になることがあります。社内異動が可能な場合は、申請を出してみましょう。ただし、すぐに希望がかなうとは限りません。数か月程度は現在の職場でそのまま働くことになる可能性もあります。また、異動を願い出たことが周囲に判明すると居心地がさらに悪くなることもあるので注意してください。

2-1-3.悩み相談を利用する

勤務先によっては、産業医やカウンセラーが相談に乗ってくれます。相談内容にかんしては、産業医やカウンセラーには守秘義務があるので安心してください。もしも、職場で相談しにくいと感じる場合は、外部の機関を利用しましょう。例えば、以下のようなところですね。

公益社団法人日本看護協会のはたらくナースの相談窓口

2-2.仕事を辞める場合

仕事を辞める場合は、以下のような対策を考えてみましょう。

2-2-1.次の職業を考えてみる

看護師を辞めると決めた場合は、次の職業を考えてみることが必要になります。今まで看護師の経験しか無い人は、自分がどんな職業に向いているのか何ができるのかもわからないものです。看護師を辞めると決めたときから、次の職業に必要な経験や資格は何かを調べ、自分に向いているかどうかを考えてみましょう。

2-2-2.職場を決める

看護師自体を辞めることを考えていない場合は、次の職場を決める必要があります。現在辛いと感じ悩んでいる問題が無い職場を探しましょう。そのためにも、事前の情報収集が不可欠です。幅広くアンテナを張り巡らせて、優良な求人情報を入手しましょう。

2-2-3.相談先を考える

現在の職場を辞めるときには、職場の関係者以外で信頼できる相手に相談することも大切です。例えば、転職サイトに登録することには大きなメリットがあります。転職の相談は、やはりプロの意見を聞くことが一番です。なお、看護師での転職を考えている人は、看護師転職専門のところを選びましょう。一般的な転職サイトよりも、専門的なアドバイスを受けることができます。

2-3.看護師が勤務先を変えるメリットについて

看護師が勤務先を変えることは、多くのメリットを伴います。

  • 給与や休日などの待遇が向上する
  • 精神的なストレスが無くなる
  • 職場によってはキャリアアップにつながる
  • 無理の無い勤務体系で働くことができる

勤務先を変えることで、今よりも働きやすくすることが可能です。看護師が辛いと感じている人は、積極的に考えてみてください。

2-4.悩みの少ない職場の条件を考えてみよう

看護師の悩みが少ない職場は、どんな条件を備えているのでしょうか。

  • 勤務形態を選ぶことができる(日勤だけでも勤務可能など)
  • 待遇が良い(給料・休日が多いなど)
  • 職場の雰囲気がアットホームである(看護師同士の仲が良いなど)

まずは、自分が看護師としてどのように働きたいか、リストアップしてみましょう。単に待遇面での条件が整っているだけでなく自分の希望に合っていることも大切ですよ。

3.看護師の転職方法を詳しく学ぼう

看護師が辛い状況を改善するためには、転職が最も良い方法であることも多いものです。ここでは、看護師の転職方法について詳しく学びましょう。

3-1.看護師が転職するにはどうするか

看護師が転職するには、以下のステップで進めていくといいでしょう。

  1. できるだけたくさんの求人情報を入手する
  2. 自分の希望条件に合った職場を複数ピックアップする
  3. 求人に応募したり採用試験を受けたりする
  4. ​採用になった職場に転職をする

実際には、転職活動をするタイミングが在職中のことも多いでしょう。空白期間を作らずに働き続けるメリットを考えると在職中の転職活動をおすすめします。

3-2.看護師の転職で成功するポイント

成功するポイントも、いくつか存在します。例えば、転職サイトで研究することですね。看護師転職に特化したところでは、履歴書や職務経歴書の書き方から求人票の見方などの基本的なことだけでなく、面接での受け答えの実例など有益な情報が多くあります。また、良い求人はすぐに応募者が殺到してしまうため、常にチェックしておきましょう。良い求人があったときにすぐに動くことができる状態にしておくことが大切です。在職中に転職活動を行うときは、転職サイトを通じて応募することで面接日の調節がスムーズにいくことも多いので積極的に活用しましょう。

3-3.看護師の転職にかんする相談窓口

悩んでいるときは、以下のような相談窓口の利用がおすすめです。経験豊富なアドバイザーが、相談に乗ってくれるので気分が楽になります。自分ひとりでは解決できないことでも、相談することで解決策が見つかるものです。当社でも看護師転職のプロが豊富な経験を元に、親身になってお答えします。すべて無料で行っていますからぜひ利用してみてくださいね。

看護師キャリアアップ

3-4.看護師の転職方法と流れ

看護師の転職方法には、以下のようなものがあります。

  • 知人のツテを頼りにする
  • ハローワークなどの公開求人に応募する
  • 看護師専門の転職サイトに登録・応募する

今は、看護師専門の転職サイトがあります。転職活動にかんするあらゆるバックアップをしてくれるだけでなく、条件の良い非公開求人に応募できるなどのメリットも多いのです。たくさんの優良求人が集まるという点でも、ぜひ登録して活用してください。

3-5.看護師の転職方法にかんする注意点

転職は、できるだけ実際の職場の様子を見てから決めることをおすすめします。職場見学会などを積極的に利用してください。また、面接などで職場を訪れたら看護師やスタッフの働きぶりや職場の雰囲気などをチェックしましょう。せっかく転職したのに、結局悩みを解決できなかったりするのでは意味がありません。転職を決める前にできるだけのことはしておきましょう。

4.看護師が辛い・看護師の悩みにかんするよくある質問

最後に、看護師が辛いと感じていたり悩んでいたりすることでよくある質問に回答します。それぞれ、重要な内容ですからしっかり確認しておきましょう。

4-1.人間関係の悩みが原因で転職しても同じことではないのですか?

もしも、自分自身のコミュニケーション能力に原因がある場合であっても、職場環境を変えるだけで改善することも多いようです。職場環境を変えると周囲の人も変わります。そのことで、人間関係もリセットでき新たな気持ちでやり直すことも可能です。また、気が合う仲間ができる可能性もあります。幸いにも、看護師は引く手あまたの状況ですから、転職を積極的に考えてください。

4-2.看護師の転職は空白期間があると不利になりますか?

看護師は、国家資格を伴う専門職です。そのため、ほかの職種と比較すると転職に不利になりにくいと言えます。しかし、できるだけ空白期間を作らない方が良いことは確かです。例えば、現場での勘や感覚は空白期間が長いとどうしても鈍(にぶ)くなってしまうでしょう。転職を考えるときには、よく考えて決めてくださいね。

4-3.看護師の転職では年齢制限があるのでしょうか?

看護師は、年齢よりも経験や能力を問われる仕事です。そのため、年齢制限を設けている職場は少なくなります。ただし、職場の人員構成によっては若い人が望ましいとかベテランの方が合うということもあるでしょう。年齢制限の提示が無くても、職場によって好ましい年齢層というものは存在するのです。転職のときに年齢でのミスマッチを避けるためにも、求人情報をしっかりチェックしておきましょう。

4-4.上司からパワハラを受けているときに転職すると負けなのではないですか?

転職したら負けと考えないでください。現在パワハラを受けているのなら、最優先事項はパワハラから脱出することです。上司との人間関係は仕事に大きく影響します。キャリアを積もうにも、パワハラなどがあっては不利になる可能性も高くなるでしょう。自分自身のためにも転職を考えてください。なお、転職をしたくない場合は上司のパワハラを証明して異動を訴えることもできますが、確実な方法とは言えません。また、精神的なストレスにもなります。やはり、転職が無難でしょう。

4-5.現在担当している患者さんを思うと転職に踏み切ることができないのですが?

責任感の強い人は、担当患者のことを考えて転職に踏み切ることができないこともあるものです。しかし、患者は病気やケガが治れば退院していきます。ほかの看護師たちもいるのです。必要以上に感情移入をするのはいけません。割りきって転職活動をしてください。

まとめ

看護師は、医師のサポート役として病人を看病し日常生活への復帰を支援するなど重要な職務があります。しかし、看護師が辛いと感じ何らかの悩みを抱えている人はとても多いです。看護師もひとりの人間ですから、悩みを抱えたままにするのはいけません。まずは、自分が辛いと感じている原因を探りましょう。原因が判明した場合は、適切な解決方法を選ぶことで事態は好転します。しかし、場合によっては転職が最良の方法であることも少なくありません。記事には、看護師の転職で有利にすすめるコツにも触れているので必ず役に立ちますよ。