看護師が起こしがちな医療ミスや医療事故とは? 予防方法はあるの?

看護師たびたびテレビや雑誌で取り上げられる看護師の医療ミス。
「ひとごとではない」と思っている方も多いでしょう。
医療の現場にミスは許されないことですが、「絶対にミスをしない」と断言することもできません。
そこで、今回は看護師が起こしやすい医療事故についてご説明しましょう。
医療事故の原因が分かれば対策も立てやすいです。
また、医療ミスや医療事故が起こると医師や看護師を非難する声が高まりますが、それだけでは何も解決しません。
看護師の方はぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. 看護師が起こしやすい医療ミスや医療事故とは?
  2. なぜ、医療ミスや医療事故が起こるのか?
  3. 医療ミスや事故を防止する対策や実際に起きてしまった場合の対処法とは?
  4. おわりに

1.看護師が起こしやすい医療ミスや医療事故とは?

まず始めに、看護師が起こしやすい医療ミスや医療事故をご紹介します。
いったいどのようなものがあるのでしょうか?

1-1.与薬(よやく)ミス

与薬(よやく)のミスは看護師が最も起こしやすい医療ミスです。
薬の取り違えだけでなく、与薬(よやく)の量を間違えるミスを起こす場合もあるでしょう。
また、患者に与薬(よやく)を禁止されている薬を間違えて投薬してしまうこともあります。

1-2.看護をしている最中のミスや事故

看護師の仕事はたくさんあります。患者を看護している最中に、ミスや事故を起こしてしまうこともあるでしょう。
「患者の足の爪をあやまって深く切ってしまった」というのも立派な医療事故です。
また、床ずれの処置も間違えれば医療事故につながります。
さらに、入浴の介助をしているときにお湯の温度を間違えたり、食事の介助をしている際に誤嚥(ごえん)をさせてしまったりというような事故も報告されているのです。

1-3.患者の取り違え

手術をする患者や赤ちゃんを取り違えてしまうミスも、たびたび報告されています。
これは、看護師だけの責任ではないかもしれません。
しかし、患者と一番多く接するのは看護師です。
赤ちゃんのお世話をしたり患者を手術室まで連れて行ったりすることもあるでしょう。
ですから、看護師が注意を払っていれば防げるミスもあったはずです。