『定年』とは就業規則や法規等により職員や従業員がある年齢に達した時に退職することをいい、現在では60歳定年と規定されているケースが多くなっていますが、年金の支給開始年齢の段階的な引き上げに対応した『高年齢者雇用安定法』によって60歳の定年後も希望者全員の雇用が企業に義務付けられ、2025年には定年が65歳に延長されることになっています。

  1. 看護師の定年退職年齢は?
  2. 定年後も働ける生涯現役看護師が増えている

続きを読む


photo

雇用条件には明記されているのに、なかなか申請し難いのが「有給休暇」。日本の労働者の有給休暇の取得日数は平均8.6日、取得率は50%弱に留まっています。

慢性的に人手不足な看護師も同様で、「有給なんて取れる雰囲気じゃない」「有給どころか普通の休日を翌月に繰り越すことさえあるというのが現状です。

続きを読む


photo

看護師に限らずどんな職業でも職業倫理としての守秘義務は発生しますが、特に弁護士・公務員・医療従事者など特定の職業に従事する者は、職務上知り得た秘密を守る守秘義務を生じることが法律で定められています。

当然、看護師にも守秘義務があり、万が一専門職としての秘密保持義務に反した場合は、『保健師助産師看護師法第42条の2』や『刑法第134条』などにより処罰の対象ともなり得ます。こうした看護師の職業倫理については養成機関でもしっかりと教育されている事です。

続きを読む


最近は女性だけでなく、男性にも人気が高まっている職業、看護師。看護師は職場によって勤務体系が異なります。では、看護師の勤務時間とはどのようなものなのでしょうか?

今回は、看護師の勤務形態についてご紹介します。看護師の勤務形態というと3交代制をイメージする方も多いですが、現在は看護師の働き方も多様化しているのです。看護師の勤務形態について知りたいという方や、自分に合った勤務時間を探しているという方はぜひ読んでみてください。

  1. 看護師の勤務形態とは?
  2. 看護師を必要としている職場とは?
  3. 希望の勤務体系で働くには?
  4. 看護師専門の転職サイトを利用してみよう

続きを読む


photo_nurse

どんな職業でも円滑な人間関係を築くためにはコミュニケーション能力が必要です。特に看護師は患者さんやその家族・医師や上司・同僚やスタッフ等さまざまな相手とうまくコミュニケーションを図って仕事をしなければなりません。

患者さんに信頼されなければよい看護はできませんし、他の医療関係者とうまく連携が取れなければ高い医療行為はできません。就職や転職においても看護師の資質として重視されるのが「コミュニケーション能力の高さ」なのです。

続きを読む


photo_nurse

様々なストレスにさらされている現代社会では精神的な問題を抱えている人が急増しています。

また、急激な高齢化に伴い老年期精神疾患も増えている状況の中、精神科看護分野の専門的な知識や技術・実践能力を持つ看護師の需要が高まっています。

続きを読む


photo

児童養護施設は「児童福祉法」に基づき、保護者がいないもしくは何らかの理由(虐待・貧困等)によって保護者が養育することができない乳児や児童を擁護するための施設です。

入所対象者(児)は、満0歳から満18歳(場合により20歳まで延長可能)です。入所対象者(児)原則として1歳から18歳(場合によっては20歳まで延長可能)で全国に公立・民間の599施設があり、約3万人弱の子どもたちが生活しています。

施設によって規模や運営は異なりますが、子どもたちの生活の場としてできる限り家庭に近い雰囲気の中で生活を送ることができるよう児童指導員・保育士等の専門職や施設長・ 事務職員・栄養士 ・ 調理員 ・嘱託医また臨床心理士やファミリーケースワーカーなどがサポートしています。

続きを読む


「看護研究」とは聞きなれない名前ですが、よりよい看護を実践したり、看護の質を高めるための大切なものです。臨床現場だけでなく、看護教育の一環として看護学校の授業としても行われています。しかし、看護研究を行うたびにテーマの決め方や論文の書き方に悩んでしまう、という方は少なくないでしょう。

そこで今回は、よりよい看護研究の進め方についてご紹介します。看護師や看護学生の方だけでなく、将来は看護師を目指したいという方もせひ読んでみてくださいね。

  1. 看護研究の意義や役割は?
  2. 看護研究の進め方は?
  3. 論文として発表する場合は?

続きを読む


photo_nurse

看護師求人のカテゴリーで最近よく目にするのが『療養型病院』。
看護学生の頃に実習に行った経験もあるかもしれませんが、『療養型病院』とはどんな施設なのでしょうか。
『療養型病院』というのは主な病床が療養病床である病院のことです。

病床は医療法によって一般病床・療養病床・感染症病床・結核病床・精神病床の5種類に定義されており、感染症病床・結核病床・精神病床は特定の病気の患者さんが入院される病床で、一般病床は急性期の患者さんの為の病床、療養病床は慢性期の患者さんのための病床となっています。

続きを読む


photo_image

病院で医師のサポートや患者さんのお世話をする看護師。それは私たちが健康に生活する為にとても大切な職業です。
しかしながら、その仕事は体力と精神力を使うとてもハードなものなので、看護師になっても仕事に付いていくことができずに離職していく看護師や、精神的に追い詰められうつ病になってしまう看護師が増えていると言われています。
このような事態を食い止める為には、病院内で看護師のメンタルヘルスケアをしっかり行うことが大切なのです。
過酷な労働環境にある看護師のメンタルヘルスケア。具体的にどのような取り組みがされているのでしょうか?
そこでこの記事では、看護師のメンタルヘルスケアに関する現状や具体的な対策内容についてご紹介します。
まだまだ課題がたくさんある看護師のメンタルヘルスケアについて知るために、是非お役立てください。

続きを読む