看護師の勤務形態にはどのようなものがあるの?

最近は女性だけでなく、男性にも人気が高まっている職業、看護師。看護師は職場によって勤務体系が異なります。では、看護師の勤務時間とはどのようなものなのでしょうか?

今回は、看護師の勤務形態についてご紹介します。看護師の勤務形態というと3交代制をイメージする方も多いですが、現在は看護師の働き方も多様化しているのです。看護師の勤務形態について知りたいという方や、自分に合った勤務時間を探しているという方はぜひ読んでみてください。

  1. 看護師の勤務形態とは?
  2. 看護師を必要としている職場とは?
  3. 希望の勤務体系で働くには?
  4. 看護師専門の転職サイトを利用してみよう

1.看護師の勤務形態とは?

この項では、看護師の勤務形態の種類についてご紹介します。職場を変わるだけで全く勤務体系が異なることも珍しくありません。

1-1.3交代制

看護師の勤務形態でもっともポピュラーなものです。24時間を3分の1ずつ区切る勤務形態で、「日勤」「準夜勤」「夜勤」という呼び方をされることもあります。入院患者がいる病院は、必ず3交代勤務ですが、条件によって日勤のみ、夜勤のみといった働き方ができる病院もあります。準夜勤や夜勤は体力的に大変です。しかし、夜勤手当がでるのでしっかりと稼ぎたい、という方や子供が寝ているうちに働きたいという方にもおすすめです。

1-2.昼間だけの勤務

入院施設のない病院や、クリニック、介護施設などは基本的に昼のみの勤務になります。また、訪問看護なども昼間だけの勤務に入るでしょう。さらに、企業に勤めている看護師も昼間だけの勤務の方が多いです。

1-3.夜のみの勤務

看護師は現在、慢性人手不足の状態の病院も多いです。特に夜勤の人数が足りないという場合は、夜のみの勤務を募集している病院もあるでしょう。また、介護施設なども夜勤のみの看護師を募集していることがあります。正式な職員としてではなく、パートやアルバイトといった待遇で雇われることが多いですが、昼間の勤務よりお金を稼げる働き方でもあります。子供が小さいうちは夜勤のみで働きたいというお母さん看護師には人気の働き方です。

1-4.住み込み

ごくわずかですが、寮などで住み込みで働く看護師もいます。また旅客船に勤務する看護師も住み込み勤務と言えるでしょう。

2.看護師を必要としている職場とは?

看護師というと病院勤務というイメージがありますが、現在は看護師を必要としている職場も多様化しています。そこでこの項では、看護師を必要としている職場をご紹介しましょう。

2-1.病院

看護師の職場というと真っ先に挙げられるところです。入院施設がある病院では3交代制が基本ですが、手術室など部署によっては夜勤がない場合もあります。

また、入院施設のないクリニックは昼間のみの勤務が基本です。正社員、パート、派遣といろいろな勤務体系の看護師が働く場合もあり、大規模な病院ほど人間関係が複雑ということも多いでしょう。しかし、キャリアを積むならば病院勤務が一番、と考えている方も少なくありません。

2-2.介護施設や福祉施設

老人介護施設や児童養護福祉施設も看護師を必要としています。こちらも夜勤あり、というところが多いでしょう。病院よりも小規模なので、勤務している看護師の数も少ないです。その反面責任が重大というところも少なくありません。介護施設や福祉施設で病人やけが人が出れば病院へ付き添ったり、救急車に一緒に乗って病院へ行き、症状を説明するといった仕事もあります。

2-3.一般企業

一般企業も医務室に勤務する看護師を募集しています。ここに勤務をする場合は、サラリーマンと同じように9時出社、17時退社という場合も多いでしょう。残業も少ないので、ひそかに人気の職種です。

2-4.旅館やホテル

大きなホテルや旅館は医務室が備えられている場合もあります。また、リゾートホテルや山小屋などは、シーズンだけ看護師が勤務しているということもあるでしょう。旅館やホテルの場合は、日勤がほとんどですがごくまれに夜勤のあるホテルもあります。リゾートホテルや山小屋、前述した旅客船などは泊まり込みの勤務になることもあります。

3.希望の勤務体系で働くには?

男性看護師も増えてきましたが、看護師の8割近くが女性です。女性は結婚や出産などで男性と同じように定年までフルタイムで働く、ということが難しいことも多いです。そこでこの項では、希望の勤務体系で働く方法をご紹介しましょう。

3-1.職場の移動を申し出る

大規模な病院の場合は、病棟勤務だけでなく介護施設を経営したり、訪問看護を行っていることもあります。部署によっては日中だけの勤務だったり、夜勤の勤務の場合もあるでしょう。そのような職場に異動を申し出れば、希望の勤務体系で働くことができます。しかし、必ず希望道理に行くとは限りません。

3-2.正社員からパート・アルバイトになる

パートやアルバイトになれば、働く時間を大幅に短縮できます。日勤のみ、夜勤のみといった働き方もできるでしょう。しかし、正社員の時のような福利厚生が受けられない場合も多く、勇気のいる決断を下さねばならないこともあります。

3-3.転職する

現在働いている職場で希望の勤務体系で働けない場合は、思い切って転職するという方法もあります。幸い看護師はどこにいっても働き口がない、ということはありません。また、病院以外の場所で活躍している看護師もたくさんいます。別の職場を体験することで、キャリアを積むこともできるでしょう。

4.看護師専門の転職サイトを利用してみよう

看護師が転職する際、ぜひ利用したいのが看護師専門の転職サイトです。看護師の求人はハローワークや一般的な求職雑誌などにも掲載されていますが、専門の転職サイトは求人の数がけた違いです。また、病院以外の求人もたくさん掲載されていますし、働ける時間から勤務先を絞って検索していくこともできます。さらに、パソコンやスマートフォンがあれば、どこでも転職活動が可能なのもうれしいですね。

実際に転職活動を行っていなくても、登録しているだけでおすすめの勤務先を定期的にメールで送ってくれるシステムを備えている転職サイトもあります。個人情報はしっかりと守られていますから、登録だけしておいてもよいでしょう。また、転職サイトを運営している会社が、転職したい看護師と看護師を求めている企業との橋渡しをしてくれることもあります。

おわりに

今回は看護師の勤務形態についてご紹介しました。
まとめると

  • 看護師の勤務形態は職場によってさまざま
  • 本人が望めば日中だけの勤務や、夜だけの勤務をすることも可能
  • 自分の希望する勤務形態で勤務できないのなら転職も考えよう
  • 看護師専門の転職サイトを利用しよう

ということです。

看護師は売り手市場で就職先に困ることはありませんが、働ける時間が限られていると中々転職活動がうまくいかない場合もあります。しかし、看護師は他の職業に比べるとずっといろいろな勤務形態で働くことができます。根気強く探せばきっと希望の勤務形態で働ける職場がみつかります。ですから、今の勤務形態が合わないなと感じたら、できるだけ早く転職活動を行ったり、職場の移動を申し出たりしましょう。看護師専門の転職サイトに登録しておくだけで、おすすめの転職先の情報がメールで送られてくるサイトもあります。焦らずにじっくりと転職先を探すとよいでしょう。