「 看護師の実情 」一覧

看護師は離職率の高い職種の一つとして知られています。看護という専門性の高い仕事に希望をもって就職し、やりがいを感じて職務に励むことを望んでいたはずの看護師が、なぜ離職してしまうのでしょう?

この記事では、離職の原因や問題点を知り、離職防止の対策について考えるとともに、離職が少ない職場の探し方も紹介します。

  1. 看護師の離職について
  2. 看護師の離職はなぜ多いか
  3. 看護師の離職防止対策は?
  4. 離職防止対策がある職場探し
  5. 看護師の離職防止対策に関するよくある質問

この記事を読むことで、離職を防ぐための対策について知ることができます。ぜひ参考にしてください。

続きを読む


『定年』とは就業規則や法規等により職員や従業員がある年齢に達した時に退職することをいい、現在では60歳定年と規定されているケースが多くなっていますが、年金の支給開始年齢の段階的な引き上げに対応した『高年齢者雇用安定法』によって60歳の定年後も希望者全員の雇用が企業に義務付けられ、2025年には定年が65歳に延長されることになっています。

  1. 看護師の定年退職年齢は?
  2. 定年後も働ける生涯現役看護師が増えている

続きを読む


photo

雇用条件には明記されているのに、なかなか申請し難いのが「有給休暇」。日本の労働者の有給休暇の取得日数は平均8.6日、取得率は50%弱に留まっています。

慢性的に人手不足な看護師も同様で、「有給なんて取れる雰囲気じゃない」「有給どころか普通の休日を翌月に繰り越すことさえあるというのが現状です。

続きを読む


看護師の勤務は、24時間3交代制というイメージが強く、昼夜を問わずに働らかなければならないと思っている人もいます。しかし、看護師はほかの職業に比べると働く時間を選びやすいということは、あまり知られていません。また、「看護師の休日はどのようになっているのか?」と疑問に思っている人も多いはずです。

そこで、今回は看護師の休日事情を解説します。看護師の働き方をしっかりと知ることができれば、職場選びも参考にもなるでしょう。

  1. 休日はどのくらい?
  2. 有給などの休暇制度は?
  3. 休日の過ごし方は?

続きを読む


photo_nurse

一般に「看護師は給料がいい」と言われていますし、「看護師なら職とお金には困らない」とも聞きます。
一方で、現場の看護師の中には「給料が低すぎる」「仕事の内容に見合っていない」という声も多く、転職理由の上位には「給料への不満」が入っているのも事実です。

一概に看護師といっても働く場所や働き方によって給与体系は様々でしょうし、満足感は各自の価値観によるところが大きいものですが、額面上はどうなのでしょうか。データでみてみましょう。

続きを読む


看護師と准看護師は、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。正看護師に比べて資格が取得しやすい准看護師ですが、キャリアアップを目指す方にとっては不利になってしまうこともあります。看護師としての目的をハッキリと明確にした後、看護師と准看護師どちらのほうが自分に合っているのか判断することが大切です。本記事では、看護師と准看護師の違いについて解説します。

  1. 正看護師と准看護師の違いは?
  2. 准看護師と看護師を一本化する議論も!?
  3. 准看護師から正看護師になるには?
  4. 看護師と准看護師に関してよくある質問

この記事を読むことで、正看護師と准看護師の具体的な違いが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

続きを読む