「 看護師の実情 」一覧

看護師は離職率の高い職種の一つとして知られています。看護という専門性の高い仕事に希望をもって就職し、やりがいを感じて職務に励むことを望んでいたはずの看護師が、なぜ離職してしまうのでしょう?

この記事では、離職の原因や問題点を知り、離職防止の対策について考えるとともに、離職が少ない職場の探し方も紹介します。

  1. 看護師の離職について
  2. 看護師の離職はなぜ多いか
  3. 看護師の離職防止対策は?
  4. 離職防止対策がある職場探し
  5. 看護師の離職防止対策に関するよくある質問

この記事を読むことで、離職を防ぐための対策について知ることができます。ぜひ参考にしてください。

続きを読む


看護師は一般的なサラリーマンやOLよりも年収が高いといわれています。現在、少子高齢化がすすんでいるため、看護師の需要が高まると同時に人材不足に陥っている状態です。そのため、看護師を必要としている現場では、人材を得るために労働条件や給料面の改善を行っています。看護師として長く働き続けるためにも、労働条件や環境の良い職場を選びたい方は多いはずです。そこで、本記事では、看護師の給料・ボーナス・転職・有利な資格などについて詳しく説明します。

  1. 看護師の給料について
  2. 看護師のボーナスについて
  3. 看護師の転職について
  4. 看護師の転職方法
  5. 看護師の転職に有利な資格について
  6. 看護師の給料・転職にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、看護師として好条件の職場に転職するために必要な情報と知識を得ることができます。転職・就職を考えている方はぜひ参考にしてください。

続きを読む


看護師は医療のスペシャリストとして、常に引く手あまたです。しかし、ずっと看護師不足と言われているのも事実と言えます。看護師不足の理由を学び、どんな対策が必要なのかを考えることが必要でしょう。今回は、看護師の転職・復職の現状をとことん解説します。転職・復職に有利な状況であっても、自分の希望どおりの条件を満たす職場を探すためのコツも覚えてください。

  1. 看護師は不足している?
  2. 看護師不足の対策の内容とは
  3. 看護師不足は今後どうなる?
  4. 看護師の転職や復職について
  5. 看護師不足についてよくある質問

この記事を読むことで、看護師不足の状況を正しく理解し、就職・復職で有利に動くことができるようになります。離職率の高さが問題とも言われる看護師で満足する職場に出会うためにも、ぜひ最後まで読んでみてください。

続きを読む


photo

看護師の給料の大きな特徴は、基本給のほかに各種手当が多いこと・時間外などの所定外給与の割合が多いことがあげられます。

また、他の職種と比較して給与が上がりにくく、給与の上昇率は「寝たきりカーブ」と呼ばれています。給与明細の手取り額しかみていないという人もいますが、支給されている手当について一度確認してみましょう。

続きを読む


photo

『定年』とは就業規則や法規等により職員や従業員がある年齢に達した時に退職することをいい、現在では60歳定年と規定されているケースが多くなっていますが、年金の支給開始年齢の段階的な引き上げに対応した『高年齢者雇用安定法』によって60歳の定年後も希望者全員の雇用が企業に義務付けられ、2025年には定年が65歳に延長されることになっています。

続きを読む


photo

雇用条件には明記されているのに、なかなか申請し難いのが「有給休暇」。日本の労働者の有給休暇の取得日数は平均8.6日、取得率は50%弱に留まっています。

慢性的に人手不足な看護師も同様で、「有給なんて取れる雰囲気じゃない」「有給どころか普通の休日を翌月に繰り越すことさえあるというのが現状です。

続きを読む


photo

看護職は勤務形態や労働条件がハードなため結婚・妊娠や出産・子育てなどの理由で離職を選ぶケースも多いのですが、最近では国の政策と共に子育て支援や復職支援を充実させている医療機関も増え、出産後も育休制度などを利用して離職せずに再び職場に復帰する道を選ぶ看護師も増えてきています。

日本看護協会の調べによると2010年度の育児休業取得率は91.2%であり、一般女性労働者83.7%と比較しても高い取得率になっています。

続きを読む


看護師

看護師は仕事が大変だけれど、その分給料が高いというイメージがあります。
しかし、それは本当でしょうか?そこで今回は、看護師の待遇についてご紹介しましょう。
ひとくちに高給といっても、基本給が高い場合と、いろいろな手当てがついて結果的に給与が高くなる場合とでは差があります。
また、看護師の場合は勤務体系が給与の額にダイレクトに関係してきます。
看護師を目指しているけれど、看護師の待遇を知りたいという方はぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. 看護師の収入が高い理由とは?
  2. 看護師が常に人手不足の理由とは?
  3. 看護師の理想の働き方とは?

続きを読む


photo_nurse

看護師と看護士の違いは?
看護師と看護士、読み方はどちらも「かんごし」ですが意味は違います。以前は女性看護師を「看護婦」、男性看護師を「看護士」と区別していましたが、2002年3月施行の「保健婦助産婦看護婦法の一部を改正する法律」により、男女の区別のない統一された「看護師」の名称に変更されています。
続きを読む


photo

これから本格的な高齢化社会を迎えようとしている日本では、看護師不足が深刻な問題になっています。

小さいころ、女の子なら一度は憧れたことのある職業でありながら、なぜ今我が国は看護師が不足する事態に陥ってしまっているのか。
看護師が不足する原因となっているものは何なのか、それに対して国は何らかの対策を講じているのか、私たちは知っておく必要があるのではないでしょうか。

続きを読む