「 看護師への道 」一覧

看護師として転職を目指す人にとって、面接は採用のための最終審査です。中途採用の面接では、初めて看護師として就職する場合とは質問内容が違ってきます。では、どうすれば中途採用の看護師が面接試験に合格することができるのでしょう? 希望どおりの職場に就職するために、面接前の準備や当日の流れとともに、よく聞かれる質問と回答例を紹介しましょう。

  1. 看護師の面接について
  2. 看護師の面接合格は準備で決まる
  3. 看護師の面接、質問と答え方
  4. 看護師の面接、成功ポイント
  5. 看護師の面接に関するよくある質問

この記事を読めば、看護師の面接のポイントや準備すべきことがわかります。面接官に好印象を与える受け答えができるよう、参考にしてください。

続きを読む


看護学校の授業・就職・転職・研修などで看護師のレポートを書く機会があります。そのときの状況によって、レポートに書く内容やテーマは異なりますが、「看護観」について記載することがほとんどです。しかし、看護観とは一体どういうことなのか分からないという方が多いでしょう。特に、転職や就職を機に初めて「看護観」についてレポートを書くという方にとっては、何から始めれば良いのかさえ分かりませんよね。そこで、本記事では、転職先・就職先へ提出する看護師のレポートの書き方や構成・ポイントについて解説します。

  1. 看護のレポートとは?
  2. 看護のレポート構成は?
  3. 看護のレポートの書き方とポイントは?
  4. 看護のレポートに関してよくある質問

この記事を読むことで、看護のレポートの書き方とポイントが分かります。悩んでいる方や気になっている方は、ぜひチェックしてください。

続きを読む


看護師は、医療にかかわる専門職として常に高い需要があります。また、仕事へのやりがいと給料の高さでも評価が高いですよね。それに、高齢化社会が進む今、看護師として活躍することは社会貢献にもなると言えるでしょう。しかし、看護師になるためには規定の勉強をしてから国家試験に合格する必要があります。つまり、国家試験対策を万全にすることが、看護師への道を開くことになるのです。今回は、看護師の国家試験について詳しく解説します。

  1. 看護師について
  2. 看護師の資格について
  3. 看護師資格の合格率について
  4. 看護師資格の試験方法について
  5. 看護師のキャリアアップや転職について
  6. 看護師資格や試験にかんするよくある質問

記事を読んだ人は、実際の合格率を知るだけでなく、国家試験に合格するためのコツを知ることができます。また、看護師としての求人状況やキャリアアップについても学ぶこともできるでしょう。本気で看護師になりたい人や、看護師として就職・転職をしてキャリアアップをしていきたい人は、ぜひ読んでみてください。

続きを読む


看護助手とは、看護師の下で医療行為以外の患者のケアをする仕事のことです。やりがいのある仕事ですが、給与面、待遇面ではどうしても看護師との差があり、看護助手から看護師を目指す方も少なくありません。

そこで今回は、看護助手から看護学校に通い、看護師を目指す方法をご紹介しましょう。看護学生は他の専門学校生や大学生に比べて奨学金が手厚い自治体も多いのです。また、働きながら専門学校に通う方法もあります。看護助手から看護師を目指したいという方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 看護助手とは?
  2. 看護助手から看護師になるには?
  3. 働きながら看護師資格を取ることはできるの?

続きを読む


高齢者が増えるにつれて、ますます活躍の場が広がっている「介護士」。また、介護士の資格保持者の中には、さらに資格を取り、職種の幅を広げたいという方も少なくありません。

そこで今回は、介護士が看護師の資格を取るための方法をご紹介します。介護士と看護師は同じ職場で働く場合も多いので、介護士として働くうちに看護師の仕事に興味が出てきたという方も多いです。看護師の資格を取りたいと考えている介護士の方や、介護士以外の資格を取りたいという方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 介護士と看護師の違いは?
  2. できるだけお金をかけずに看護師の資格を取る方法
  3. 介護士の資格を持っている看護師の求人状況

続きを読む


photo

看護師の資格取得の条件には年齢制限はありません。看護師養成機関で必要な看護教育を学び、看護師国家試験に合格すれば誰でも看護師になれるのです。もちろん専業主婦から看護師に転身することも十分に可能です。

続きを読む


「看護師の資格は持っているが、子育てや介護で病院に勤務することが難しくなった」と悩んでいる人は多いと思います。しかし、看護師の勤務先は病院だけではありません。「病院以外で看護師が働ける場所や、働き方を探している」という人もいるでしょう。また、看護師として働き続ければ、キャリアを中断させずにすむのもメリットです。

今回は、看護師の働き方について紹介します。

  1. 看護師の働き方は多種多様
  2. 自分に合った職場の選び方
  3. 看護師の転職方法
  4. 看護師の働き方に関するよくある質問

この記事を読めば、看護師が病院以外の職場で働くメリット・デメリットがよく分かるでしょう。看護師の働き方について知りたい人や転職を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


photo_nurse

看護師になるためには、中学もしくは高校卒業後、法律で定められた養成教育機関で3年以上勉強し、国家試験の受験資格を取得した上で看護師国家試験に合格する必要があります。

養成教育機関には、看護専門学校・看護短大・看護大学(看護系大学)・高等看護学校があり、その入学試験の必須科目は学校や受験方法(一般入試・推薦入試)などによっても異なりますが、一般入試の場合は筆記試験(国語・数学・英語・理科などの選択)と小論文、面接などが一般的です。また身体検査などがある場合もあります。
それぞれの学校の入試要項などを確認して、事前に入試対策をすることが大切です。

どの教育機関を選ぶにしても看護師になるための専門的な勉強についていくためには基礎学力は必要です。特に人体に関わる事が多いので、生物や化学などはしっかり勉強しておきましょう。

続きを読む