施設看護師の役割を正しく理解!実はメリットが多い職種って本当?

「施設看護師にはどんな役割があるのか知りたい」「施設看護師として看護の仕事に復帰したい」とお悩みではありませんか? 近年、介護施設や老人ホームで働く施設看護師の求人数が増えてきているのが現状です。施設看護師は病院勤務の看護師とどう違い、どのような役割があるのでしょうか。この記事では、施設看護師の仕事内容やメリット・デメリット、勤務先の探し方などをまとめてご紹介します。

  1. 施設看護師の役割は?
  2. 施設看護師のメリットとデメリットを紹介
  3. 施設看護師になるには?
  4. 施設看護師に関するよくある質問

この記事を読むことで、施設看護師と一般看護師の違いや勤務体制・求人情報を探すポイントなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.施設看護師の役割は?

まずは、施設看護師の役割や仕事内容などをご紹介しましょう。

1-1.施設に勤務する看護師

施設看護師とは、介護老人保健施設や特別養護老人ホームなどの施設に勤務する看護師のことです。仕事内容も病院勤務の看護師とは少し異なります。近年は介護施設も、看護師が活躍できる職場の一つとして注目を集めているのです。

1-2.医療や看護の立場から入居者をサポートするのが役割

施設看護師は医療や看護の立場から入居者をサポートするのがその役割です。主に、施設に入居する高齢者の健康管理や薬の管理・必要に応じた特定の医療行為などによって、穏やかな老後を支援することが求められます。

1-3.仕事内容は多様

施設看護師の具体的な仕事内容には、以下のようなものがあります。

  • 介護職員への衛生管理指導
  • 感染症の予防・蔓延(まんえん)の防止
  • 感染症発症者の管理
  • 投薬・服薬の管理
  • バイタルチェック
  • 吸引・呼吸器の使用指導・管理
  • 睡眠のケア
  • 入浴前の体調チェック

1-4.基本的に日勤が多い

施設看護師の勤務体制は施設の形態によって異なりますが、基本的には日勤が多くなっています。24時間体制の入所施設では夜勤もありますが、夜間はオンコールで対応している施設も多いのです。デイサービスやデイケアなどの通所施設では日中だけの対応になるため、夜勤はありません。

1-5.老人ホームでの1日の流れを紹介

老人ホームに勤務する施設看護師を例に挙げると、1日の流れは以下のようになります。

  • 9:00 出勤・申し送り
  • 9:30 入居者の健康チェック
  • 10:00 医師の指導に基づく医療処置
  • 11:00 入浴前後の体調チェック
  • 12:00 昼食の見守り・サポート
  • 13:00 自身の昼食と休憩
  • 14:00 入居者との交流
  • 15:30 記録の記入
  • 17:00 申し送り

2.施設看護師のメリットとデメリットを紹介

施設看護師のメリットやデメリット・向いているケースなどをまとめました。

2-1.夜勤や残業が少ない

介護施設は夜勤がない職場が多く残業も少ないため、「働きやすい」というメリットがあります。「家事や育児と両立したい」「プライベートの時間を大切にしたい」という人も、自分のペースで働くことができるのです。

2-2.介護スキルを伸ばすことができる

介護施設では介護職と連携しながら仕事をすすめていくため、介護の知識が自然と身につき、スキルを伸ばすことができます。介護の知識や経験を持つ看護師の需要は、今後ますます高くなるはずです。将来的にも役立てることができるでしょう。

2-3.介護スタッフとの人間関係に悩む場合も

介護スタッフは看護業務を手伝うことができません。結果として看護師の業務量が多くなり、不満がたまって介護スタッフとの人間関係がうまくいかなくなる例もあるのです。介護スタッフとの仕事の境界線が不明確になりがちなのが、この仕事のデメリットといえるでしょう。

2-4.施設看護師に向いているのは?

施設看護師の仕事は、以下のような人に向いています。

  • 子育て中の人
  • ブランクがある人
  • 高齢者とコミュニケーションをとるのが好きな人
  • 看護に加えて介護のスキルを伸ばしたい人

3.施設看護師になるには?

施設看護師になるために必要なことや、勤務先の探し方・注意点などをご紹介しましょう。

3-1.求人情報サイトから探すのがおすすめ

施設看護師の求人情報を探す方法には、各都道府県のナースセンターやハローワーク・人材紹介会社などがあります。中でもおすすめなのは、求人情報サイトから探す方法です。施設看護師を募集している施設の情報が多数掲載されており、自分の希望に合った職場を気軽に探すことができるでしょう。今の仕事をしながら、あいた時間に仕事探しができる点もメリットです。看護師求人に特化したサイトも多数あるため、ぜひチェックしてみてください。

3-2.求人を探す際のポイントは?

自分が希望する条件に合った職場かどうかを見極めるために、求人票の内容はすみずみまで確認しましょう。特にチェックすべきなのは、以下のポイントです。

  • 給与(基本給・手当・賞与)
  • 配属先
  • 勤務時間帯・勤務体系
  • 職員数
  • オンコールの有無

3-3.必要に応じて施設への問い合わせも

求人票に掲載されていない情報についても、事前に確認しておくと安心です。必要に応じて施設へ直接問い合わせてみるとよいでしょう。たとえば、平均残業時間や有休消化率・退職金の有無・職員の平均年齢や平均勤続年数などが分かれば、どんな職場かある程度想像できるはずです。

4.施設看護師に関するよくある質問

「施設看護師として働きたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.おむつの交換や食事の介助などを施設看護師が行うこともありますか?
A.基本的には介護スタッフの仕事です。しかし、施設によっては看護師も介護業務を行う場合もあるでしょう。

Q.介護の仕事は未経験ですが、施設看護師として働くことは可能ですか?
A.介護施設での勤務経験がなく施設看護師として働く人もたくさんいます。働きながら実績を積んでいきましょう。

Q.介護施設では、施設看護師のほかにどのような職種の人が働いていますか?
A.施設の形態にもよりますが、介護士や理学療法士・作業療法士・ケアマネージャー・栄養士などの職種の人たちが働いていることが多いでしょう。

Q.介護施設で働く看護師の数は、看護師全体のどのぐらいですか?
A.看護師全体の10%程度といわれています。施設看護師として働くメリットは、まだあまり知られていないのが現状です。

Q.施設看護師として働いていると、医療処置スキルが低下する心配があります。どうしたらよいでしょうか?
A.医療処置スキルを低下させたくない場合は、介護老人福祉施設や介護療養型医療施設など、できるだけ医療処置を行うことが多い施設を選ぶのがおすすめです。

まとめ

施設看護師の役割や仕事内容・メリットなどをまとめてご紹介しました。施設看護師は、働きやすさやニーズの高さから現在注目を集めている職種の一つです。看護師としての基本的な能力だけでなく、高いコミュニケーション能力も求められるため、やりがいのある仕事といえるでしょう。ぜひこの記事を参考にして、施設看護師の正しい役割を理解してください。