看護師として復職する方法を解説! 復職支援の方法も紹介

「看護師として復職したいが、ブランクがあって不安だ」と思っている人は多いことでしょう。看護師はやりがいのある職業ですが、家事や育児・介護などとの両立が難しく、離職する人は珍しくありません。その一方で医療の進歩は目覚ましく、離職期間が長いほど、復職に躊躇(ちゅうちょ)しがちです。しかし、今は看護師の復職支援制度も充実してきました。
今回は、看護師として復職する際に知っていると便利なことや、復職する前に気をつけておくポイントなどを紹介します。

  1. 看護師の復職事情について
  2. 看護師として復職するまでの流れや方法
  3. 復職を成功させるコツ
  4. 看護師の復職に関するよくある質問

この記事を読めば、看護師として復職するまでの流れもよく分かります。復職を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.看護師の復職事情について

はじめに、看護師が復職を考えるときや復職支援の現状などを紹介します。

1-1.元看護師が復職を考えるときとは?

前述したように、看護師はやりがいのある仕事ですが激務でもあります。出産や家族の介護が必要になったときに仕事との両立ができず、離職を決意する人も珍しくありません。そのため、育児が一段落したり介護が終わったりしたときに復職を考える人も多いでしょう。

1-2.復職のメリットとデメリット

看護師は医療のプロフェッショナルとして、病院だけでなく介護施設・病院・企業の救護室などたくさんの職場で需要があります。また、看護師の資格を活用して働けば、平均以上の給与が期待できるでしょう。その一方で、24時間2交代、3交代制の職場が多く、体力的に大変になりがちです。さらに、前述したように離職している間に技術が進歩してしまい、知識が追いつかず仕事に支障が出るケースもあります。

1-3.広がる復職支援の輪

看護師の離職は長い間問題となっていました。そのため、現代では企業や看護協会が積極的に復職支援プログラムを実施しています。復職支援プログラムを受講すれば、現在の看護事情や看護師に求められていることなどがよく分かり、復職への不安が軽くなるでしょう。また、看護だけでなく介護の講習も実施しているので、看護師として介護の現場で働きたいという人にもおすすめです。

2.看護師として復職するまでの流れや方法

この項では、看護師として復職するまでの流れを紹介します。

2-1.復職を決意したらまず行うこと

看護師として復職を決意したら、まずは家族の理解を得ましょう。看護師の仕事と家庭を両立させるには、家族の協力が欠かせません。ですから、今まで自分でやっていた家事をどのように家族と分担してもらうかなど、よく話し合うことが大切です。

2-2.復職後の働き方を考える

看護師の働き方はいろいろあります。夜勤ありで2~3交代でしっかり働く方法もあれば、日勤だけ、夜勤だけといった働き方をすることも可能です。また、派遣会社に登録し、1日だけ単発勤務するといった働き方もできます。「看護師として復職するからには、夜勤も日勤もバリバリこなさないと」と気負わず、まずは体に負担がかかりすぎない働き方を選択した方が長続きしやすいでしょう。両立に慣れてきたら、転職する方法もあります。

2-3.復職支援プログラムを受ける

復職支援プログラムを受講することで、再就職先を紹介してもらえることもあります。特に、復職支援プログラムのサイトを確認すれば、再就職先の紹介があるかどうかも分かるでしょう。また、前述したように復職支援プログラムを受けることで、最新の医療事情を知ることもでき、復職への不安も薄らぎます。

2-4.元の職場に復帰するメリット・デメリット

復職する人の中には、以前働いていた職場から「再就職しないか」と誘われることもあるでしょう。以前働いていた職場ならば、仕事の手順や人間関係もある程度分かっているので、再就職後の不安も少ないというメリットがあります。その反面、離職期間が長いと、現職の頃とは仕事のやり方も職場の人も変わってしまいかえってストレスがたまる可能性もあるでしょう。ですから、職場から復帰を求められたら、メリットとデメリットをよく比べて受けるかどうか判断しましょう。

3.復職を成功させるコツ

看護師として復職を成功させるには、無理をしないことです。最初は、派遣会社に登録して1日だけ仕事をしてみるなど、仕事のカンを取り戻す訓練をしてもいいでしょう。また、看護師はほかの職種に比べると転職が容易です。最初は仕事を短時間にして、慣れてきたら長時間勤務できる仕事場に転職してもいいでしょう。また、職場環境も大切です。特に、育児と仕事を両立しようと思っている場合は、保育施設などを備えている職場を選びましょう。

4.看護師の復職に関するよくある質問

この項では、看護師の復職に関するよくある質問を紹介します。

Q.看護師は、何歳でも復職できるでしょうか?
A.はい。最近では40代、50代で復職する人も増えています。

Q.看護師として働いた経験が少なければ、復職は難しいでしょうか?
A.復職支援を長めに受けたり各都道府県にある看護協会などに相談したりしてみましょう。経験が少なくてもよい、という職場を紹介してくれる可能性があります。

Q.復職支援プログラムはどのくらいの期間受けられるでしょうか?
A.企業が主催するものは数日間のものが一般的です。看護協会が主催するものの中には、もう少し期間が長いものもあるでしょう。

Q.看護師として働く場合、2~3時間のパートは無理ですか?
A.たとえば、クリニックで午前中だけ働く場合なら、2~3時間でも可能でしょう。しかし、仕事が決まるまで時間がかかる可能性があります。

Q.看護師の復職支援プログラムは、誰でも受けることができるでしょうか?
A.受けるのに制限があるプログラムはほとんどないと思います。しかし、何か分からないことがあれば、積極的に主催者に問い合わせてみましょう。

まとめ

いかがでしたか? 今回は看護師の復職について解説しました。看護師は、ほかの職種に比べると比較的復職しやすい職種です。その反面、離職期間が長いほど現在の医療技術や看護の常識についていけず、とまどうことも多いでしょう。復職を考えた場合、まず復職支援プログラムなどを利用し、現在の看護事情をよく理解したうえで再就職活動をするのがおすすめです。