ヘンダーソン看護とは? 理論・アセスメントの書き方を徹底解説!

ヘンダーソン看護という言葉をご存じでしょうか。看護は、ただ患者を看病するだけでは不十分です。患者に寄り添い、病状の回復と自立した生活をサポートするためには、計画的かつ的確なアセスメント(対象を評価・査定すること)が必要になります。ヘンダーソン看護は、看護の質や患者の満足度を高めるためにも、重要な意味を持つのです。今回は、ヘンダーソン看護について詳しく解説します。

  1. ヘンダーソン看護について
  2. ヘンダーソン看護のアセスメントの書き方
  3. ヘンダーソン看護に関するよくある質問

この記事を読むことで、ヘンダーソン看護についてよく分かります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.ヘンダーソン看護について

最初に、ヘンダーソン看護の概要・目的・必要性を解説します。

1-1.ヘンダーソン看護とはどんなもの?

ヘンダーソン看護とは、アメリカのヴァージニア・ヘンダーソンが生み出した看護理論です。ヘンダーソン理論では、以下の「ヘンダーソンの14の基本的ニード」を看護の基本としています。

  1. 正常に呼吸する
  2. 適切に飲食する
  3. あらゆる排泄(はいせつ)経路から排泄(はいせつ)する
  4. 身体の位置を動かし、よい姿勢を保持する
  5. 睡眠と休息を取る
  6. 適当な衣類を選び、着脱する
  7. 衣類の調節と環境の調整し、体温を生理的範囲内に維持する
  8. 身体を清潔に保ち、身だしなみを整えて皮膚を保護する
  9. 環境のさまざまな危険因子を避け、他人を傷害しないようにする
  10. 自分の感情・欲求・恐怖もしくは気分を表現して他者とのコミュニケーションを図る
  11. 自分の信仰に従って礼拝する
  12. 達成感をもたらすような仕事をする
  13. 遊びやさまざまな種類のレクリエーションに参加する
  14. 正常な発達および健康を導くような学習・発見をし、好奇心を満足させる。

1-2.ヘンダーソン看護の目的や必要性

ヘンダーソン看護の目的は、患者が人間として尊重され、できる限り自立した生活を送ることです。そのためにも、患者に関するあらゆる情報を整理し、看護師が積極的に働きかける必要があります。ヘンダーソン看護を実践することにより、患者の状態を的確にアセスメントし、サポートすることができるのです。

2.ヘンダーソン看護のアセスメントの書き方

ヘンダーソン看護のアセスメントの書き方を詳しく解説します。

2-1.ヘンダーソン看護のアセスメント方法やコツ

ヘンダーソン看護のアセスメント方法は、14のポイントそれぞれに集中して書くことが大切です。まずは、患者の様子をよく観察し、客観的な視点から記録していきましょう。無関係な情報を加えたり主観を入れてしまったりすると正しい判断ができず、看護の質が下がってしまいます。それぞれのポイントに対して、的確なアセスメントをすることで患者にとって最良の看護ができるのです。

2-2.ヘンダーソン看護のアセスメントの具体例

ヘンダーソン看護のアセスメントの具体例として、14の項目のうち3つをご紹介しましょう。なお、Oは看護師の記録・Sは患者からの情報を表します。

2-2-1.正常に呼吸する

呼吸の観察は、あらゆる看護を進めるための基本です。

<観察内容>

呼吸数・肺雑音・呼吸機能,経皮的酸素飽和度などのほか、胸部レントゲン・呼吸苦・息切れ・せき・たん・喫煙歴・アレルギー・自宅周辺の大気環境をチェックしましょう。

<記録例>

  • O:呼吸数毎分12回・経皮的酸素飽和度 98%・肺雑音なし、過去に肺炎を起こし1年前より在宅酸素療法中
  • S:「最近は息切れせずに呼吸が楽になった」

2-2-2.適切に飲食する

適切な飲食は生命活動に必要不可欠であり、治療効果にも大きな影響を与えます。

<観察内容>

食事や水分の摂取量や摂取方法・食の好み・アレルギーの有無のほか、体重・BMI・必要栄養量もチェックしましょう。また、身体活動レベル・食欲の有無・嚥下(えんげ)機能や口腔内の状態・吐き気の有無・血液データもチェックポイントです。

<記録例>

  • O:体重85kg・BMI25・アレルギーなし・血中の脂質濃度が高め、ストレスがたまると暴飲暴食に走りがちで肥満傾向にある
  • S:「食べ物の好き嫌いが激しく、パスタやラーメンばかり食べがちです」

2-2-3.あらゆる排泄(はいせつ)経路から排泄(はいせつ)する

スムーズな排泄(はいせつ)は、老廃物を体外に出し新陳代謝を高めることにつながります。

<観察内容>

排泄(はいせつ)回数・量や状態・尿意や便意の有無が観察の基本です。また、発汗状態・食事や水分摂取の状況・麻痺(まひ)の有無・腹部の張り・ぜん動の状態や腹部からの音・血液データなどをチェックしましょう。

<記録例>

  • O:水分摂取量(1日)650ml・1日の排尿回数4~6回・排便がない日もある・発汗量は少ない、家の中で熱中症を発症し入院中。
  • S:「水分を飲むとトイレに行きたくなるのと体重が増えるのが嫌だ」

2-3.患者ごとの常在条件も考慮すること

ヘンダーソン看護のアセスメントを行うときは、患者ごとの常在条件も考慮することが必要です。具体的には、以下の内容を参考にしてください。

  • 年齢(小児・青年・中高年・老年・死期間近など)
  • 気質(きしつ)や感情の状態(多幸的・悲観的・うつ状態など)
  • 社会的もしくは文化的な状態(友人や家族の有無・周囲との関係性など)
  • 身体的・知的能力(体重の過少・運動能力の高低や喪失・感覚機能の高低や喪失・知力の高低や喪失など)

3.ヘンダーソン看護に関するよくある質問

最後に、ヘンダーソン看護に関するよくある質問に回答します。それぞれ確認し、参考にしてください。

Q.ヘンダーソン看護の14の項目で優先すべき内容は?
A.ヘンダーソン看護では、上位の項目ほど人間の基本的欲求に近く、優先するべき内容です。上位1~8項目は、マズローの低位欲求に当たる「生理的欲求」となります。また、9が「安全欲求」・10〜11が「社会的欲求」・12が「承認欲求」・13〜14が「自己実現欲求」です。

Q.ヘンダーソン看護のアセスメントに自信がないときは?
A.自己判断に迷うことがある場合は、周囲の看護師に相談してください。いい加減なアセスメントを残すのでは、ヘンダーソン看護の意味がありません。客観的に観察し、記録ができるようになるまでは周囲の助言を積極的に受けましょう。

Q.ヘンダーソン看護のメリットはいつ実感できる?
A.すぐには実感できないでしょう。看護は、患者の病状が回復し退院するまで続きます。たとえば、ヘンダーソン看護を進めた結果として、目に見えて回復する・退院が早まるなどにより実感することになるでしょう。

Q.ヘンダーソン看護の知識があれば転職に役立ちますか?
A.役立つでしょう。質の高い看護を理解し提供するための基本を身につけている証拠です。転職面接などで、ヘンダーソン看護の考えに基づいて働きたいことをアピールすれば、一目置かれることでしょう。

Q.ヘンダーソン看護を推進している病院で働きたいのですが?
A.看護師転職の条件として、ヘンダーソン看護を取り入れていることを優先するといいでしょう。病院の中には、ホームページや広報などでアピールしているところもあるので調べてみてください。なお、転職活動を進める際には、看護師専門の転職サイトに登録すると給与や福利厚生なども併せてチェックできて便利です。当看護師キャリアアップでも希望条件に合う病院の求人をご紹介しているのでぜひ参考にしてください。

まとめ

今回は、ヘンダーソン看護について詳しく解説しました。患者の病状を的確に把握し治療をサポートするだけでなく、人間の本能的な欲求に基づいてアセスメントすることがポイントです。患者の欲求を満たし自立を促すためにも、ヘンダーソン看護は大きな意味を持ちます。看護を的確かつ効率よく進め、患者に寄り添った見方ができることで、治療の効果を最大限に高めることも可能です。ヘンダーソン看護を学び、深く理解することは今後のキャリア形成においても重要なことといえるでしょう。