働き方が選べる派遣看護師の魅力やメリットを紹介! 求人の探し方は?

派遣の看護師として働きたいと思っている人は多いでしょう。ここ数年は通常の企業でも、正社員で泣く派遣社員として働く人が増えてきています。看護師も同じように、派遣として働くことができるのをご存じでしたか? 看護師と言えば厳しい労働条件を思い浮かべる人も多いと思います。しかし、近年は看護師も働き方を選べるようになってきているのです。この記事では、派遣の看護師として働くメリットや仕事内容・探し方などをまとめてご紹介しています。

  1. 看護師の派遣について
  2. 看護師の派遣、仕事内容とは?
  3. 看護師の派遣を探す方法
  4. 看護師の派遣に関するよくある質問

この記事を読むことで「派遣」という看護師としての新たな働き方について知ることができるはずです。求人を探している人も、ぜひ参考にしてください。

1.看護師の派遣について

まずは、看護師の派遣について詳しく解説します。

1-1.派遣の看護師とは?

医療機関で働いているのは正社員の看護師だけではありません。派遣会社の従業員として病院やクリニック・介護施設などに派遣されている看護師もいるのです。この場合、勤務先である医療機関ではなく、雇用契約を結んでいる派遣会社のルールに従って労働条件が決定されます。派遣看護師は、派遣される期間によって4種類に分けられるのが特徴です。

  • 単発派遣:1つの派遣先で1日~1週間働く
  • 短期派遣:1つの派遣先で2~3か月働く
  • 長期派遣:数か月ごとの更新を繰り返しながら、最大3年間働く
  • 紹介予定派遣:最大6か月の派遣期間を終了した後、直接雇用されることを前提として働く

1-2.メリットとデメリット

働き先である医療機関によっては、残業や突然の夜勤もあると思います。しかし、派遣看護師の場合は派遣会社と雇用契約を結んでいるため、勤務時間などは事前に決められているのです。そのため、残業や夜勤を頼まれることはほとんどありません。また、頼まれても簡単に断ることが可能です。仕事上の不満があれば派遣会社に相談できる、という点も大きなメリットでしょう。ただし、その職場を気に入って「もっと働きたい」と思っても、決められた期間しか働けないというデメリットもあります。また、正社員として働く看護師のように、勤務年数によって給料が上がっていくことも期待できないでしょう。

1-3.一般の看護師やパート・アルバイトとの違い

一般の看護師やパート・アルバイトとの大きな違いは、その雇用関係にあります。勤め先の医療機関の職員として働くわけではないため、福利厚生や給料などの条件は派遣会社が決めることになるのです。そのため、同じ職場で働いていても働き方は異なります。パートやアルバイトの看護師に比べて専門性が高い仕事が求められる分、時給が高く休みも取りやすいのが特徴です。

1-4.向いているのは?

一般的な看護師は労働条件が比較的過酷な場合が多いのですが、そのような条件で働くのが難しい人にとって、派遣看護師はおすすめです。特に向いているのは、以下のような人でしょう。

  • 家庭の事情で夜勤や残業が難しい人
  • 夫が転勤族なので長期間働くことができない人
  • 将来やりたいことのために貯蓄をしたい人
  • 子育て中なので短時間だけ働きたい人
  • 必要なお金を稼いだらお休みしたい人
  • 自分のペースでゆっくりと働きたい人