産業看護師の魅力と仕事内容を紹介! 求人数が少ないって本当?

産業看護師の資格取得を目指している人に朗報です。看護師と言えば、厳しい労働条件というイメージが強いと思います。夜勤や土日祝日の出勤もあり、体力的にも大変な仕事です。しかし、産業看護師は病院ではなく一般企業で働く看護師のことを言います。一般的な看護師に比べて労働条件がよいため、資格取得を目指す人も多いのではないでしょうか。この記事では、産業看護師の仕事内容や求人、資格取得のために必要な準備などをまとめています。

  1. 産業看護師とは?
  2. 産業看護師の求人や就職について
  3. 産業看護師の種類
  4. 産業看護師の資格取得について
  5. 産業看護師取得のための準備と転職について
  6. 産業看護師にかんするよくある質問

この記事を読むことで、産業看護師という仕事について分かります。資格取得を目指している人は、ぜひ参考にしてみてください。

1.産業看護師とは?

まずは、産業看護師について解説します。

1-1.どんな職業なのか?

病院ではなく企業で働く看護師のことです。日本産業衛生学会の産業看護部会で、産業看護に対する専門知識を持つ看護師や保健師を「産業看護師」として登録しています。一般企業において、体や心の不調を訴える社員数は年々増加しているのが現状です。産業看護師はそういった社員の体と心のサポートをする職業であり、さまざまな企業で必要とされています。

1-2.仕事内容

主な仕事内容は、以下のとおりです。

  • 健康診断を実施し、社員の健康状態をチェックする
  • 社員が健康状態を認識し、健康に働けるようにサポートする
  • 職場にストレスを感じている社員に対してメンタルヘルス対策を行う
  • 長時間労働や過重労働に対して対策を講じる
  • 職務中の緊急事態に対する応急処置を行う
  • 社員に対して日々の健康相談を受け付ける

1-3.重要性とやりがい

一企業人として会社に貢献できるというやりがいがあります。企業にとって大切な社員の健康をサポートし、労働災害をなくすために、重要な役割を果たしているのです。心の問題を抱えながら働く会社員が多い今の時代、その業務内容のほとんどがメンタルヘルスケアになるでしょう。ストレスが軽減された社員は、企業への貢献度もアップします。社員をサポートすることで、会社のために大きく貢献できるのです。そのため、幅広い企業で求められている人材であり、いなくてはならない存在と言えるでしょう。

1-4.一般の看護師との違い

産業看護師がケアを行う対象は、所属する会社の社員です。健康上の問題があれば対応しますが、重症の場合は病院に搬送されるため、長期にわたって患者のケアをすることはありません。この点が、一般の看護婦との大きな違いです。基本的に、休日や労働時間はその企業の一般社員と同じになります。さらに、社員のメンタル面もサポートするという点も一般の看護師との違いと言えるでしょう。そのため、メンタルヘルスケアにかんする知識も必要なのです。

1-5.向いている人とは?

産業看護師には、コミュニケーションスキルが必要不可欠です。社員が相談しやすい人柄であること、さまざまな立場や性格の人とかかわりを持てる性格であることが求められます。つまり、産業看護師に向いているのは、誰とでも打ち解けることができる人、そして、向上心がある人と言えるでしょう。