日常業務でも身に付く!?看護におけるリーダーシップとは?

photo_nurse

リーダーシップという言葉は、会社や学校などの組織で頻繁に使われますが、
看護の世界でリーダーシップと言われた場合、どのようなことが求められるのでしょうか?
今回はそれをご紹介しましょう。他の職種のリーダとの共通点や相違点なんでしょう?
看護師はもちろんのこと、看護学生や看護師になりたい、と思っている方もぜひ読んでみてくださいね。

看護のリーダーシップに求められることとは?

看護の世界で求められるリーダーシップと大きく分けて以下のようなものです。

  • 病棟全体を見てスタッフが働きやすいように配置する管理能力
  • 他の病棟や医師、看護師長などとのつなぎや窓口役になる伝達能力
  • 患者さんの長期的な展望を予測し、現在必要な援助を考えるケア能力
  • 安全管理をしたり、スタッフを指導するなどの指導力

なんだかとても高度な能力が求められているように感じられますね。
しかし、これらは通常の業務でも求められていることでもあるのです。
つまり、日常の業務を真摯にこなしていけば、自然と身についてくることも多いのですね。

その立場になって初めてわかることもある

しかし、上の立場に立たないと育たない能力もあります。
その代表的なものが指導力でしょう。
看護師には師長や副師長などの役職がありますが、そこにつくまでは長い時間と経験が必要です。
でも、看護師はいざという時は患者さんや他のスタッフに対してリーダーシップを発揮しなければならないことも多いでしょう。
そこで病院によってはスタッフと師長や副師長の間に「リーダー」という持ち回りの役を設け、リーダーシップを積極的に身につけさせようとしています。
病院によって課せられている業務は異なるでしょうが、リーダーになったら他のスタッフの司令塔やよりどころにならねばなりません。
責任も重くなり、憂鬱でしょうがないと考える方もいるでしょう。
しかし、リーダーを経験することで、自分に欠けているところや、これから身につけなければならないことが分かったり、
広い視野や今までと違った考え方ができるようになったりします。
つまり、得られることとてもも多いのですね。

大切なのはコミュニケーション能力

リーダーには前述したリーダーシップに求められる能力のほかに、コミュニケーション能力が欠かせません。
他のスタッフを指導するときに「リーダーだから言うことを聞きなさい」という態度で接すれば軋轢が生まれ、スタッフも思うように動いてくれません。
いかに気持ちよく部下を動かすかがリーダーの腕の見せ所なのです。
また、そうやって身につけた能力は患者さんを指導するときも役に立つでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回は看護のリーダーシップに求められることをご紹介しました。
このような能力は一朝一夕に身につくことではありません。
一人前にリーダーシップを発揮できるようになるまでは、怒られることも多いでしょう。
でも、そこで諦めたり、ふてくされたりしないことが大切なのです。