「 看護師その他 」一覧

看護師として働きたいと思っているなら、医療事故についても知っておくべきです。看護師も人間なのでミスすることはあるでしょう。さらに、人手不足や長時間労働などが原因で医療事故が起きてしまうことも考えられます。看護師を長く続けている人なら、何らかのミスをしてしまった経験があるのではないでしょうか。しかし、病院は人の命を預かる場所です。医療事故を防ぐためには、一体どうしたらよいのでしょうか。この記事では、看護師による医療事故について、対策・予防法などをまとめてご紹介します。

  1. 医療事故とは?
  2. 看護師による医療事故について
  3. 看護師による医療事故が起きた場合
  4. 看護師による医療事故の対策は?
  5. 看護師による医療事故を防ぐために
  6. 看護師の医療事故に関するよくある質問

この記事を読むことで、看護師の医療事故について分かるはずです。看護師として働く前に、把握しておいてください。

続きを読む


photo_nurse

看護師の新人教育制度として定番化しているプリセプター制度とは、ある一定期間、新人看護師(プリセプティー)1人に対し教育係として3~4年目の先輩看護師(プリセプター)1人が担当するマンツーマンの教育制度で、多くの医療機関でも取り入れられてきました。

続きを読む


photo_nurse

人の健康や命に携わる看護師にとって職務中のミスはあってはならないことですが、看護師なら職務中に1度はヒヤリ・ハット経験をしているものですし、『看護職員の労働実態調査』によると「医療事故への不安」は看護職員の大きなストレス要因になっているほど医療ミスには神経を使っています。

現場では看護師の意識はもちろん医療ミスを防ぐためにマニュアルの整備や業務体制なども見直されてはいるものの、様々な要因と相まって事故が起こることはあり得ることです。

続きを読む


photo

看護師に限らずどんな職業でも職業倫理としての守秘義務は発生しますが、特に弁護士・公務員・医療従事者など特定の職業に従事する者は、職務上知り得た秘密を守る守秘義務を生じることが法律で定められています。

当然、看護師にも守秘義務があり、万が一専門職としての秘密保持義務に反した場合は、『保健師助産師看護師法第42条の2』や『刑法第134条』などにより処罰の対象ともなり得ます。こうした看護師の職業倫理については養成機関でもしっかりと教育されている事です。

続きを読む


photo_nurse

毎年5月12日は看護の日です。
看護の日というのは、あまり馴染みの無い記念日なのですが、医療や介護に関連する施設などでは様々なイベントが行なわれています。
医療、介護において重要な意味を持つ“看護の日”が制定された目的や歴史的な由来などについて紹介しましょう。

続きを読む


看護同じ福祉施設で働いていても「看護」と「介護」には大きな違いがあります。
将来、医療福祉関係に進みたい方でも一般人でもこの違いについては知っておいてほしいことです。
看護と介護の違いについて3つの点を挙げてみました。
どのような違いがあるのか、何が違うのかこの2つについて詳しくみていきたいと思います。

続きを読む


photo_nurse

保健師は地域や企業・学校などに所属する人々が病気やケガを予防するために健康診査や家庭訪問によって疾病の早期発見・保健指導や健康教室の開催・適切な食事及び生活指導など行いながら、人々の健康維持・増進の促進活動を行っています。全国の保健師は約47,000人で、その多くは保健所や保健センターといった地方自治体の機関や学校を職場とする行政保健師・学校保健師ですが、企業などを職場とする産業保健師も増えています。

続きを読む


photo_nurse

助産師は女性がお産をするときのサポートや妊娠・出産・産後の女性と赤ちゃんに対して健康に関する教育や相談を行う専門家で、正常妊娠の妊婦であれば医師の指示がなくても処置をすることができます。
全国の助産師数は約35,000人で、その多くは病院(約62%)や診療所(25%)で働いています。

続きを読む